topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 三頭山~紅葉に包まれる奥多摩の山~ 


標高
三頭山1531m、大沢山1482m
山域
奥多摩
登山日
2020年11月5日(木)、晴れ、10℃
歩行時間
行動時間 5:35、歩行時間 4:15
歩行距離
10.3km
標高差
516m
累積標高差
+880m、-880m
登山口
都民の森mapon
交通機関
 都民の森駐車場
登山コース
都民の森駐車場~三頭大滝~ムシカリ峠~三頭山~大沢山~西原峠分岐~深山の路・石山の路~都民の森駐車場
コース定数19.3
コースmap
三頭山

 

 コースタイム


都民の森駐車場9:45~三頭の大滝10:20~野鳥観察小屋分岐10:35/45~ムシカリ峠11:30~三頭山11:50/12:35~三頭山避難小屋13:05~大沢山13:15/30~西原峠分岐13:45~1300m付近14:10/20~深山・大滝分岐14:50~都民の森駐車場15:20

 

 都民の森駐車場~三頭の大滝~ムシカリ峠~三頭山


11月になると奥多摩の山々にも紅葉の便りがやってきました。7月には汗にまみれながら登った奥多摩の山も山頂付近は晩秋の気配が漂う時期になっているようです。

たどり着いた都民の森の駐車場は紅葉を目当てに訪れるハイカーや観光客の車で賑わっています。駐車場のモミジはすでに真っ赤に燃えていました。

都民の森の駐車場
駐車場は紅葉の真っ最中
三頭の大滝への近道
青空の下に森林館

駐車場奥の舗装道路を登って行くと三頭の大滝への近道、最初からの急な石段に息を弾ませると森林館の脇です。ここからはウッドチップが敷き詰められた遊歩道が続きます。奥多摩の紅葉はすでに1000m付近まで下ってきたようで、遊歩道わきのカエデは真っ赤に燃えています。

森林セラピーの案内板
視界の先に笹尾根の稜線
真っ赤に燃えるカエデ
遊歩道の先に三頭の大滝

紅葉は燃える、若葉は萌えるが正しいようですがネットでは紅葉が萌えると書いている記事も幾つか、日本語もなかなか難しいと言うことなのでしょう。たどり着いた三頭の大滝も紅葉の真っ最中、吊り橋の下の白い流れが紅葉に生えていました。

吊り橋の下に三頭の大滝
三頭の大滝の上を橋で渡り
石山の路への分岐
登山道脇に案内板

橋を渡ると石山の路を左に分ける分岐、我々は沢沿いの道を登って行くことにします。小さな渡渉を繰り返すと野鳥観察小屋への分岐です。休憩所となっているウッドデッキに腰を下ろし一休みです。

沢沿いの道を登って行きます
登山道脇に炭焼き窯
炭焼き窯の案内板
野鳥観察小屋分岐に休憩所

ここからも沢音を聞きながら沢沿いの道を登って行きます。やがて沢音が消えると涸沢、伏流水が流れているようで僅かに水の音も聞こえるようです。

紅葉に包まれる沢沿いの登り
水音が消えると枯れた沢
葉を落とした雑木林の登り
落ち葉を踏みしめながら登って行きます

 

 その他のコース・山行記録


TAG:三頭山
 山行記の訪問者数 今月:272件 累計:272件
 Back