topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 櫛形山~アヤメが咲く高原~ 


標高
櫛形山2053m、裸山2,002.8m、奥仙重2,051.7m
山域
南アルプス
登山日
2020年7月20日(月)、曇りのち小雨、25℃
歩行時間
行動時間 5:20、歩行時間 4:00
歩行距離
7.9km
標高差
195m
累積標高差
+575m、-575m
登山口
池の茶屋駐車場mapon
交通機関
 中央道甲府南ICから33km
登山コース
池の茶屋駐車場~奥仙重~櫛形山~バラボタン平~裸山~アヤメ平~バラボタン平~櫛形山~奥仙重~池の茶屋駐車場
コース定数:15.7
コースmap
櫛形山

 

 コースタイム


池の茶屋駐車場9:45~奥仙重10:35/55~櫛形山10:50/11:05~バラボタン平~裸山分岐11:40~裸山12:05/30~アヤメ平12:55/10~2005m付近14:05/10~櫛形山14:00~池の茶屋駐車場15:05

 

 池の茶屋駐車場~奥仙重~櫛形山~バラボタン平~裸山


今年の梅雨明けは8月にずれ込むとか、毎日曇り空の日が続いています。東京を中心に感染が広がる新型コロナは感染ピーク時の新規感染者に迫る勢いになっています。月末の4連休に合わせ始まるGoToキャンぺーンに東京が対象から外されたものの、人の移動が多くなると感染の拡大が危惧されるところです。

山の会の山行は櫛形山です。南アルプスの前衛にそびえる2000mの稜線でかつてはアヤメの咲く山として知られていました。鹿による食害でその数を減らしていましたが最近では裸山を中心にたくさんの花が咲くと言います。

林道丸山線を登りたどり着いた池の茶屋の駐車場には地元の軽四輪が数台、すでにアヤメの最盛期が過ぎているのか登山者の車は多くありません。

池の茶屋の登山口
鹿除けのゲートがあります
コバイケイソウの群生の先に急坂
雲の中から顔を出す富士山

登山道のイラストが描かれた休憩所の傍から登山道が始まります。コメツガの林の中を登て行くと防火帯のよう尾根道、コバイケイソウの群生の先からは急な登りになります。

思いのほか急な登りに汗をかくと三角点が置かれた奥千重の山頂です。少し早いようでしたが担いできたフルーツ白玉で一休みです。暑い夏、山頂で冷たいものと思い買ったのがThermosの真空スープジャー、今回はアイスクリームを入れ、フルーツ缶と白玉団子でフルーツ白玉です。

奥仙重の山頂
早い一休みはフルーツ白玉
アイスクリームは溶けていません
奥千重の山頂に三角点
緩やかな稜線を進むと
山梨百名山の標柱が建つ櫛形山

緑に包まれたコメツガの稜線を進むと櫛形山の山頂です。山梨百名山の山頂標識が建つところですが何もなければ通り過ぎてしまいそうなところです。標高は2053m、確かにこの稜線の最高点と言うことでしょう。

緩やかにたどる稜線の道は明るい草原の鞍部、バラボタン平です。右手には氷室神社へと下って行く道が分かれていました。

心地良いコメツガの林
鞍部は明るいバラボタン平
伊奈ヶ湖・氷室神社に下る道が分かれ
見上げるカラマツの大木
アヤメ平への道を右に分け
唐松の林を抜けると

樹齢300年と言う櫛形山のカラマツを超えると程なくアヤメ平への分岐です。ここで道を左に、明るい緑に包まれたカラマツの林を過ぎると裸山のお花畑です。希少野生動植物として保護が行われているコヒョウモンモドキの生殖地で柵がめぐらされています。生息状況を調査すると言うことで近くには緑の腕章を付けた監視員の方がいました。

裸山のお花畑
コヒョウモンモドキの繁殖地

 

 その他のコース・山行記録


TAG:南ア
 山行記の訪問者数 今月:99件 累計:943件
 Back