topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 日の出山~雪の山頂から柚木尾根へ~ 


標高
日の出山 902.0m
山域
奥多摩
登山日
2019年12月25日(水)、晴れ、5℃
歩行時間
行動時間 4:45、歩行時間 3:55
歩行距離
7.5km
標高差
60m
累積標高差
+360m、-960m
登山口
御岳山ケーブル駅mapon
交通機関
 往路・御岳山ケーブル山頂駅、 復路・JR青梅線川井駅
登山コース
御岳山駅~日の出山分岐~日の出山~柚木尾根分岐~寒山寺駐車場~沢井駅
コースmap
日の出山

 

 コースタイム


御岳山駅9:05~日の出山分岐9:20~日の出山10:10/11:00~柚木尾根分岐11:55~583m分岐12:35~寒山寺駐車場13:40~沢井駅13:50

 

 御岳山駅~日の出山分岐~日の出山


今年最後の山行は奥多摩、大岳山に登ろうと思い家を出ました。しかし1000m付近の稜線にも雪が張り付いているようです。この時期の雪ですのであまり危なくもないようですが予定を変え日の出山に登ることにしました。

御嶽駅前の御岳交流センター駐車場に車を停めバス停に、雪の後の平日にもかかわらず御岳山に向かうハイカーも多いようです。

御岳山ケーブルで山頂駅に、駅前の広場にも湿った雪が残っています。1000m付近では数センチですが大岳山などでは本格的なスノーハイクになるようです。御岳山の参道を進むと御師の家です。改築された馬場家のかやぶき屋根にも雪が積もっています。近くで出会った地元の人に聞くと大寒のころは氷点下15度近くになることももあるとか。山頂の暮らしもなかなか大変なようです。

御嶽駅のバス停
ケーブルカー線路にも雪が
ケーブルカーの山頂駅
御師のかやぶき屋根にも雪が

日の出山へ続く緩やかな道は関東ふれあいの道です。上養沢から御嶽駅へと続く道が杉の木陰のみちとして整備されていることもあり上養沢方面から登ってくる人も多いようです。

日の出山への分岐を折れて
樹林帯をたどる道にも雪が
石段の道を緩やかに登ると日の出山の肩
東雲山荘には人が

石段の道を緩やかに登って行くと日の出山の肩、山頂の巻き道には立派なトイレが建っています。ここには東雲山荘があります。自炊のみ山小屋ですが宿泊もできるとか、お正月には初日の出を目当てに宿泊する人も多いようです。

日の出山の巻き道には立派なトイレ
山頂は雪が積もっています
秩父多摩甲斐国立公園の案内板
山頂の東屋からは展望が広がります

山名表示 ※クリックすると山名を表示・非表示します。
日の出山から眺める奥多摩の山並み
馬頭刈尾根の肩に小さな富士山
山頂の先には鷹ノ巣山と長沢背稜

広く開けた山頂は雪の中、山頂標識の先からは鷹ノ巣山、雪の張り付いた稜線は長沢背稜、雲の下には雲取山の頂も見えているようです。奥多摩の山々はすでに真っ白な世界に包まれているようでした。

お正月の用意のためでしょうか、東雲山荘に登ってきた地元の人が山頂周辺の掃除や雪かきをしていました。

 

 その他のコース・山行記録


TAG:御岳山
 山行記の訪問者数 今月:80件 累計:448件
 Back