topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 高尾山南稜~高尾山の南に続く長い尾根道~ 


標高
高尾山599.2m、大洞山536m、泰光寺山474.9m、草戸山420m
山域
中央線沿線
登山日
2018年9月28日(金)、晴れ、19℃
歩行時間
行動時間 7:40、歩行時間 5:55
歩行距離
13.9km
標高差
120m
累積標高差
+790m、-1070m
登山口
圏央道高尾山ICから1kmmapon
交通機関
 高尾山ケーブル高尾山駅
登山コース
高尾山駅~高尾山山頂~大垂水峠~大洞山~見晴らし台~三沢峠~草戸山~四辻~高尾山口
コースmap
高尾山南稜

 

山行の記録

 コースタイム

高尾山駅9:10~高尾山山頂9:45/10:05~大垂水峠11:20~大洞山100m手前11:50/55~大洞山12:00/35~見晴らし台13:20/35~三沢峠14:15~草戸山14:45/15:15~四辻16:30~高尾山口16:50

 

 高尾山駅~高尾山山頂

雨が続くこのひと月、秋雨前線が停滞していると言いながら晴れ間がのぞいたのは3日だけと天気予報で説明していました。6月の末に梅雨が明けた反動なのか、まだ台風が北上しそうな予報も気になるところです。

久しぶりの秋晴れ、何処か近くで歩けそうなところと思いついたのは高尾山南稜、ここは数年前の冬にも歩いたことのあるところです。

京王高尾山口駅
駅前に高尾山の案内図
高尾山ケーブル清滝駅
ケーブルで山頂駅へ

高尾山口近くの駐車場に車を停めケーブルカーで山頂駅を目指します。久しぶりの晴れ間と言うこともあるのでしょうが平日にもかかわらず山頂駅周辺はたくさんの人で賑わっていました。

緩やかに登って行く参道は古くから続く高尾山信仰の石碑や石仏などが建ち並ぶところ、参道周辺には車も入ることが出来るようで土産物屋もあります。

山頂駅からはたくさんのハイカー
山門に霊気満山
薬王院の四天王門
石段の上に薬王院の大本堂

四天王門から石段を登ると飯縄権現をまつる大本堂、さらに石段を登って行くと極彩色の権現堂、されにその上には浅間神社が祀られていました。

さらに石段を登り
極彩色の権現堂
高尾山の山頂
展望広場からは丹沢の山並みと富士山

たどり着いた高尾山の山頂は広く開けた広場です。稲荷山コースや琵琶滝コースから登ってくるハイカーも合わせ山頂はたくさんの人で賑わっています。山頂の先の展望台からは丹沢の山並みの上に大きな富士山も見えていました。

 高尾山~大洞山~草戸山~高尾山口

山頂で一息を入れたのち城山へと続く明るい道へ、付近はアザミやシロヤマギク、シモバシラなど秋の花が咲いています。

もみじ平は巻道を通ると大垂水峠の分岐です。ここで道を左に、ここからは歩く人も少ないようで草に覆われた狭い道が続きます。

城山へと続く登山道
もみじ台の先に大垂水分岐
細い道が続きます
小さな渡渉個所もあります

細い道は左手が切れ落ちているようで黄色いテープが張られていました。あまり危険ではないものの山に慣れないハイカーが歩くと少し危険なところと言うことなのでしょう。

緩やかに続く道はやがて林道にたどり着きます。この付近は道が交差して分かりにくいところです。学習の歩道経由と言う道標に誘われ道を左に、下から登ってきた初老のハイカーに「滑るからお気を付けて・・」と言われましたがとんだ道間違い、大垂水への道は林道を右に進んだところにありました。

間違って学習の歩道へ
林道の先から大垂水への道を
国道を横切る大垂水の歩道橋
大洞山の山頂

 

その他のコース・山行記録
TAG:高尾
 山行記の訪問者数 今月:80件 累計:2363件
 Back