topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 大野山~富士山と丹沢を眺める明るい頂~ 


標高
大野山 722.8m
山域
丹沢
登山日
2018年2月18日(日)、晴れ
歩行時間
行動時間 4:40、歩行時間 3:50
歩行距離
7.6km
標高差
556m
累積標高差
+745m、-745m
登山口
谷峨駅mapon
交通機関
 JR御殿場線谷峨駅
登山コース
谷峨駅~都夫良野頼朝桜~十字路~大野山山頂(往路を戻る)
コースmap
大野山

 

山行の記録

 コースタイム

谷峨駅9:10~ハイキングコース入口9:45~都夫良野頼朝桜10:00~十字路10:30/40~634m地点11:05~大野山山頂11:30/12:00~十字路12:45/55~谷峨駅13:50

 

 谷峨駅~都夫良野頼朝桜~十字路~大野山

山の会の山行は大野山のハイキングです。登山コースは谷峨駅または山北駅からの明るいハイキングコースが良く利用されているようです。数年前には山北駅からの山頂に向かいましたがその時は山頂にかなりの雪が残っていた記憶があります。

待ち合わせの谷峨駅は無人駅です。我々と同じように大野山を目指すハイカーも何組かいるようです。

無人の谷峨駅
御殿場行きの電車が出発
跨線橋を渡り
跨線橋の先に近道があり餡巣

駅前の県道を右に、その先には御殿場線を渡る跨線橋があります。大野山へ近道と書かれた案内に従い下っていくと酒匂川を渡る吊り橋です。人数制限は10人と書かれていましたがそれほど揺れる橋ではありません。

県道を離れ、山北つぶらの公園へと続く舗装道路を緩やかに登って行きます。振り返ると赤い東名高速の高架橋の上に白い雪を被った富士山がそびえていました。

高速道路の鉄橋の上に富士山
舗装道路を離れハイキングコースへ
山道を登って行きます
落ち葉を踏みしめる登山道

ロウバイの甘い匂いが漂う民家の脇から大野山ハイキングコースの案内に導かれ山道を登って行きます。

しばらく登ると都夫良野頼朝桜の案内が建つ舗装道路に飛び出しました。ここは桜平と呼ばれ林の中にはログ風の建物などもあるようです。登山道脇には綺麗なトイレが建っていました。

都夫良野付近の案内板
都夫良野頼朝桜の案内板
頼朝桜は山北町の天然記念物
登山道わきに立派なトイレ
舗装された道を登って行きます
舗装道路を渡るとミカンなどの販売所

さらにしばらく登ると舗装道路を横切る十字路です。その先にはみかんやゆずジャムなどを売る無人販売所が店を出していました。袋に入ったみかんが1kgほどで100円、少し重そうと思いながら買って行きましたが帰りには売り切れていました。

鹿避けの柵を越えるとカヤトの原の登りが始まります。振り返ると明るい日の下に富士山から箱根に続く雄大なパノラマが広がっていました。

階段を登って行くとカヤとの斜面
振り返る富士山と愛鷹山
カヤトの斜面を登って行きます
整備された階段の登り

 コース GPSmap

 クリックするとGPSLogをダウンロードします。

 

その他のコース・山行記録
TAG:西丹沢
 山行記の訪問者数 今月:59件 累計:2074件
 Back