topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 利平茶屋跡から長七郎山~アカヤシオの咲く稜線~ 


標高
長七郎山 1579.1m
山域
北関東・上州
登山日
2017年5月9日(火)、うす曇り、19℃
歩行時間
行動時間 6:25、歩行時間 5:00
歩行距離
9.3km
標高差
605m
累積標高差
+750m、-750m
登山口
利平茶屋森林公園mapon
交通機関
 利平茶屋森林公園
登山コース
利平茶屋森林公園~駒ヶ岳分岐~鳥居峠~長七郎山~小沼~鳥居峠~利平茶屋森林公園
コースmap
長七郎山

GpsLogは電波状態が悪く一部欠測しています。

 

山行の記録

 コースタイム

利平茶屋森林公園9:30~1180m付近10:00/10~1290m付近10:35/45~駒ヶ岳分岐のコブ11:20/50~鳥居峠12:10/15~長七郎山13:05/35~鳥居峠14:45~利平茶屋森林公園15:55

 

 利平茶屋森林公園~アカヤシオの尾根~駒ヶ岳分岐のコブ

山の会の仲間との山行は赤城山へ、ガイドブックなどにはあまり紹介されていないアカヤシオが咲く稜線があります。登山口の利平茶屋森林公園は桐生市が整備した自然公園でバンガローやキャンプ場などがあるところです。

かつて利平茶屋駅と鳥居峠は赤城山登山鉄道のケーブルカーが運行されていました。昭和41年赤城有料道路の南面ルートが開通し赤城山への便が良くなると客足が伸び悩み昭和42年には廃業となったと言います。

たどり着いた利平茶屋森林公園の駐車場には数台の車が停まっていました。ゴールデンウィークにはバンガローも一杯になったようですが今はアカヤシオを目指すハイカーの車だけのようです。

登山口は車止め近くの駐車場の奥です。道標には消えかけた鳥居峠の文字が、ここからは雑木林の中の急な登りが始まります。

利平茶屋森林公園の案内板
目立たない登山口
雑木林の中の登り
稜線にはアカヤシオ

ジグザグを切りながら樹林帯の中を登って行くと雑木林の稜線、斜面をピンク色に染めるアカヤシオが目に入ってきます。曇りがちの空の下に続く稜線の先には駒ヶ岳の頂がそびえていました。

オオカメノキの白い花と咲き競うアカヤシオに見とれながら稜線を登って行きます。やがて尾根道は岩っぽい登りに、木の根につかまりながらの変化に富んだ登りが続きます。

オオカメノキも咲いています
咲き誇るアカヤシオ
芽吹きも浅い稜線の登り
稜線を彩るアカヤシオ

左手にそびえる思いのほか大きな長七郎山、その沢筋にはまだ白く雪が残っています。4月の初めにはこの山肌も白い雪で覆われていたのでしょう。

長七郎山から続く斜面はまだ芽吹きも浅くの沢に向かって切れ落ちる急峻な岩場にはピンクのアカヤシオの花灯りが灯っているようでした。、

岩っぽくなった稜線の登り
木の根を頼りに登る尾根道
アカヤシオの先に駒ヶ岳から続く稜線
岩っぽい稜線
痩せた尾根道を登って
大きな岩を巻きながら

急な登りに息を切らせながら小さな岩場を登って行きます。振り返る視界の先は桐生周辺の街並か、白く濁る空の下には荒神山や三境山など渡良瀬川に沿った山々が見えているようです。

咲き誇るアカヤシオ
岩っぽい登り
アカヤシオの先に開ける展望
木立の先に覚満ヶ渕

やがて傾斜も幾分緩やかになってくると駒ヶ岳から下ってくる尾根道にたどり着きました。小さなコブの上からは木立の下に覚満ヶ渕が見えています。

 

その他のコース・山行記録
TAG:赤城
 山行記の訪問者数 今月:7件 累計:3552件
 Back