topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 天狗岳・硫黄岳~オーレン小屋から八ヶ岳の2つの頂へ~ 


標高
天狗岳2640m、硫黄岳 2760m
山域
八ヶ岳
登山日
2016年7月18日(月)~19日(火)
歩行時間
18日5:00、19日4:45、合計9:45
歩行距離
16.7km
標高差
836m
累積標高差
+1640m、-1640m
登山口
桜平mapon
交通機関
 自家用車・桜平駐車場
登山コース
桜平~オーレン小屋~天狗岳~オーレン小屋(テン泊)~夏沢峠~硫黄岳~硫黄岳山荘~硫黄岳~赤岩ノ頭~オーレン小屋~桜平
コースmap
天狗岳

 

山行の記録

今年の梅雨明けはまだ発表されていないものの八ヶ岳周辺の天気は比較的安定しそうです。八ヶ岳なら一泊の山行も楽しめそうと言うことで諏訪南インターから天狗岳や硫黄岳の登山口である桜平へ向かいました。

海の日を含めた3連休の最終日とあって、これから山を目指す人はあまり多くないと思っていましたが桜平周辺は駐車している車でかなり混雑していました。

 (7月18日)晴れ

桜平10:00-夏沢鉱泉10:40/45-オーレン小屋11:35/12:20(テント設営)-2440m付近12:50/13:05-箕冠山13:20-白砂新道手前13:50/14:35-東天狗岳15:10/50-箕冠山16:35-夏沢峠17:05-オーレン小屋17:30テン泊
行動時間7:30、歩行時間5:00、歩行距離:8.5km、累計標高差:+1200m、-603m

 桜平~オーレン小屋~天狗岳~夏沢峠~オーレン小屋

桜平のゲートから夏沢鉱泉までは荒れた林道歩きです。ここは夏沢鉱泉やオーレン小屋の車も登ってくる道です。途中には沈下橋や荒れた砂利道もあり4WD車でなければ登って行くことは難しいところです。

やがてマイクロ水力発電の小屋が見えると夏沢鉱泉は目の前です。冬はスノーシューのお客さんで賑わうようで山の会の山行でも時々利用している山小屋です。

桜平のゲート
夏沢鉱泉
夏雲の間から槍ヶ岳や奥穂高
樹林帯の登り

夏沢鉱泉のベンチからは夏雲の中に北アルプスの稜線が見え隠れしています。昨日までの不安定な空模に変わり、雲が多いものの梅雨明けを期待させる青空が広がっていました。

夏沢鉱泉からは樹林帯の登山道を登って行きます。荒れた道には荷揚げ用のキャタビラクローラの轍が残っています。

やがて登りも一段落するとオーレン小屋は目の前です。広く開けた小屋の前には休憩中のハイカーが数人、小屋のおじさんに聞くと昨日は込み合ってようでまた激しい夕立もあったとか、今日はテン場も空いているのでどこにテントを張っても良いと言います。

崩壊地の脇を通り抜け
登りも緩やかになるとオーレン小屋
綺麗なオーレン小屋
オーレン小屋のキャンプ場

まずはテン場の奥にテントを設営、今日は小屋の前の分岐から箕冠山を越え天狗岳に向かうことにします。

樹林帯の中の道は緩やかに箕冠山へと登って行きます。それほど急な登りではないものの、気温が上がっているためかなかなかペースが上がりません。

小屋の前に箕冠山への分岐
樹林帯の中を登ります
箕冠山の山頂は樹林帯の中
視界が開けると根石岳と天狗岳

たどり着いた箕冠山は登山道の分岐と言ったところ、山頂の先は視界が開け根石岳の先に天狗岳の山頂が一望できます。

鉄の階段を下った鞍部はコマクサの群生地です。鹿の食害からコマクサを守るためか電気柵が張られていました。


山名表示 ※クリックすると山名を表示・非表示します。
根石岳から眺める南八ヶ岳の
根石山荘
根石岳の稜線から天狗岳
根石岳から眺める東天狗岳と西天狗岳

 

その他のコース・山行記録
TAG:八ヶ岳
 山行記の訪問者数 今月:9件 累計:7108件
 Back