topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 要害山~武田氏の詰めの山城と桃源郷~ 


標高
要害山 780m
山域
中央線沿線
登山日
2016年4月15(金)、晴、17℃
歩行時間
行動時間5:10、歩行時間3:15
歩行距離
5.3km
標高差
325m
累積標高差
+523m、-523m
登山口
積翠寺温泉駐車場mapon
交通機関
 中央道一宮御坂ICから18km
登山コース
積翠寺温泉~要害山~草深観音~積翠寺温泉
コースmap
要害山

 

山行の記録

 コースタイム

積翠寺温泉9:35~要害山10:25~竹の沢分岐11:25~深草観音11:40/13:30~日吉神社14:20、瑞岩寺14:25、積翠寺14:35/40~積翠寺温泉14:45

 要害山

武田信玄が産湯を使ったとされる要害城は躑躅ヶ崎館の詰めの城と作られた山城です。この山は山梨百名山にも数えられ近くの兜山とともに軽い縦走コースとしてガイドブックなどでも紹介されています。しかし登山口の積翠寺温泉温泉までの交通の便は悪くこれまで訪れる機会がなかった山の一つでした。

武田神社から若葉色に包まれた山里を登って行くと積翠寺温泉です。信玄の隠し湯の一つとも伝えられる温泉には2件の温泉宿が営業していました。

登山口にはサクラとミツバツツジ
登山口に積翠寺温泉
要害山の案内板
登山道に竪堀と土塁

登山口の駐車場に車を停めミツバツツジの花に包まれた山道を登り始めます。落葉松の林の中をジグザグに登って行くと竪堀や曲輪、門の跡などが残っています。

門跡
不動曲輪
不動曲輪には武田不動
雑木林の中に曲輪

「人は石垣人は城・・・」と甲斐節に謡われるように大きな城を持たなかった武田信玄の詰めの城であったこの城は、多くの枡形や門、竪堀を巧みに組み合わせた堅固な山城であったようです。

門跡を越え
登山道わきにミツバツツジ
武田信玄誕生の地の石柱
山梨百名山の山頂標識

武田信玄生誕の地の石柱が建つ主郭は木立に覆われ展望は期待できません。それでも木立の先に富士山の頂が白い雪を被っていました。

主郭曲輪
木立の先に富士山
登山道に堀切
竪堀跡

主郭の先も竪堀や堀切が続いています。春色に包まれる登山道にはお馴染みのタチツボスミレのほかセンボンヤリやイカリソウの花を見付けることができます。

県道への道を左に分け
樹林帯の中を竹の沢へ
竹の沢分岐を深草観音へ
分岐にハイキングマップ

 

その他のコース・山行記録
TAG:中央線
 山行記の訪問者数 今月:74件 累計:6370件
 Back