topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 日影沢から城山・高尾山~日影沢にタカオスミレ探しに~ 


標高
高尾山 599.3m、城山 670.4m
山域
中央線沿線
登山日
2016年4月11(月)、晴、17℃
歩行時間
行動時間5:00、歩行時間4:05
歩行距離
7.0km
標高差
420m
累積標高差
+625m、-625m
登山口
日影沢林道入り口mapon
交通機関
 圏央道高尾ICから5.4km
登山コース
日影沢林道~城山北東尾根~城山~高尾山~いろはの森~日影沢林道
コースmap
城山・高尾山

 

山行の記録

 コースタイム

日影沢林道10:00~城山北東尾根分岐10:10~城山12:00/35~一丁平12:55/13:05~高尾山13:50/14:00~いろはの森分岐14:15~日影沢林道15:00

 日影沢林道~城山北東尾根~城山

山の会の仲間と日影沢林道から城山を目指したのは3月の末、小下沢ではハナネコノメにも出会えましたがお目当てのタカオスミレは見付けることができませんでした。今回はそのリベンジです。たどり着いた日影沢の駐車スペースには平日のためか空きもありました。

日影沢林道にはたくさんのスミレが今を盛りに咲いています。タカオスミレも林道の彼方此方に咲いています。茶色っぽい葉が思いのほか良く目立ちます。白いスミレはアオイスミレと言うようです。

浅い沢を渡り北東尾根へ
雑木林の明るい登りが始まります

前回は日影沢林道を城山に登って行きましたが今回はVルートと言う北東尾根を登ることにします。踏み石を頼りに浅い沢を渡ると若葉色の雑木林を登って行く道が始まります。緩やかに登って行く雑木林にはヤマザクラの花が春の盛りを教えているようでした。

明るい尾根道は樹林帯の中を登りながら高度を上げていきます。送電線を越えると道は小さな鞍部へ、登りかえすと木立の先に城山のアンテナが見えてきました。

緩やかに登った尾根道は樹林帯へ
木立の先に城山
城山から眺める高尾山
桜が満開の城山

視界が開けた稜線はスミレのほかキジムシロやセンボンヤリ、ジュウニヒトエなどの春の花が咲いているところです。前回訪れたときには林道にキブシの花が咲いていただけですが2週間で季節は大きく変わったようです。

たどり着いた城山の山頂は桜の花が咲いていました。高尾山から登ってくる人が多いようで、たくさんのベンチも昼食を楽しむ人で賑わっています。

サクラの花が咲く城山の山頂
ベンチでは昼食を楽しむ人が
山頂にはスイセンなどの咲く花壇

天狗の面が置かれた山頂から春霞に包まれた八王子方面の展望が開けています。霞んだ街並みの中には都心のビル群も見えているようですが何処がどの町並みなのかは判らないものです。それでも目の前の高尾山へと続く春色の尾根道には桜の花明りが灯っていました。

山頂にはスイセンやムスカリ、クサボケなどの花畑が広がっています。桜に交じってミツバツツジ、アカヤシオの花も咲き残っていました。

 城山~高尾山~いろはの森~日影沢林道

城山からは高尾山に向かうことにします。城山に向かい息を切らせながらたくさんの人が登ってきます。木の階段が敷かれた登山道は一丁平を目指して下って行きます。登山道わきに咲くサクラはヤマザクラ、花とともに広がる赤茶色の葉がソメイヨシノなどと違った美しさを見せています。

高尾山を目指し下って行きます
桜が満開の城山
登山道に咲くヤマザクラ
サクラの咲く一丁平

もみじ台の巻道をたどり急な石段を登ると高尾山の山頂です。子供連れや観光客なども訪れる山頂はたくさんの人で賑わっています。世界一登山客の多い山と言うだけあって、派手なウェアを着込んだ海外からのお客さんも訪れているようです。


山名表示 ※クリックすると山名を表示・非表示します。
一丁平からの展望(PhotShopElementsで作成)
一丁平から眺める丹沢の山々
サクラの咲くベンチでお弁当
登山道にはミツバツツジ
高尾山は十三州見晴台

 

その他のコース・山行記録
TAG:高尾
 山行記の訪問者数 今月:90件 累計:15405件
 Back