topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 仙丈ケ岳~南アルプスの女王と呼ばれる頂~ 


標高
仙丈ケ岳3032.7m
山域
南アルプス
登山日
2015年7月20日(月)~21日(火)(前夜発)
歩行時間
登り4:40、下り3:35、行動時間10:40
歩行距離
10.2km
標高差
1052m
累積標高差
+1322m、-1322m
登山口
長衛小屋mapon
交通機関
 山梨交通広河原行き、南アルプス市営バス北沢峠行き
登山コース
長衛小屋~二合目コース入口~大滝頭~仙丈ケ岳~仙丈小屋~大滝頭~北沢峠~長衛小屋
コースmap
仙丈ケ岳

 

山行の記録

 (7月20日)晴れ

長衛小屋8:00~二合目コース入口8:10~二合目8:55/9:05~大滝頭10:20/45~六合目11:25~展望台11:50/12:35~仙丈ケ岳14:15/20~仙丈小屋14:45/15:00~丹渓新道分岐15:40~馬ノ背ヒュッテ15:45~大滝頭16:40/55~一合目17:50/18:00~北沢峠18:20/30~長衛小屋18:40テン泊

 北沢峠~長衛小屋テン場

4時過ぎ、芦安の駐車場はたくさんの車で一杯になっています。すでに広河原に向かう乗り合いタクシーが出発し始めています。

バスは1時間ほどの山道を走り広河原へ向かいます。林道には幾つかの滝や狭いトンネル、山肌が崩壊しているところもあります。

芦安の駐車場
広河原のバスターミナル
北沢峠行きのバス
北沢峠

たどり着いた広河原で南アルプス市営のバスに乗り換え北沢峠に向かいます。海の日を挟んだ連休の2日目と言うことで北沢峠へのバスは臨時便も出ていました。

北沢峠は仙丈ケ岳へと登る登山道が始まるところです。バスから降りたたくさんのハイカーは準備体操もそこそこに山頂を目指していました。

林道を折れると長衛小屋への道
長衛小屋テン場
テン場はたくさんのテント
岩壁に竹沢長衛翁のレリーフ

我々は北沢峠から少し下った長衛小屋のテン場に向かうことにします。バス停からわずかの距離と言うこともあるのか人気のテン場はたくさんのテントで一杯です。幸い水場近くの空きスペースを見つけテントを設営、寝袋や食料などを下ろし少し身軽になってから山頂を目指すことにしました。

 長衛小屋テン場~大滝頭~六合目

テン場から林道を戻ると二合目コースの登山口があります。ここからはシラビソ林の中の登りが始まります。しばらく登ると北岳展望台があります。なだらかな尾根の上に北岳が見えていますが山頂は雲に隠れていました。

最初からの急な登りに息を弾ませながら岩で歩きにくい坂道を登って行きます。たどり着いた二合目は北沢峠からの道を合わせるところです。ここからも暗いシラビソ林の中を登る急坂が続いています。

二合目コースの登山口
シラビソ林の中の登り
北沢峠からの道を合わせる二合目
三合目

仙丈小屋や馬ノ背ヒュッテで一泊したのか、すでに下山してくるハイカーも多いようです。御嶽山の噴火の影響かカラフルなヘルメットを被った団体の一行もいました。

ようやくたどり着いた大滝頭は藪沢小屋に向かう道を分けるところです。ここからも小仙丈ヶ岳へと向かう急坂が続いています。

四合目
五合目は大滝頭
シラビソ林の中の登り
ハイマツが現れ始めます

やがて広葉樹が目立ち始めると六合目は目の前です。広く開けた視界の先には摩利支天を従えた甲斐駒ヶ岳、その左手には鋸岳の岩峰もそびえていました。

 六合目~仙丈ケ岳

ここからはハイマツ帯の登りです。見上げる小仙丈ヶ岳のピークまではなかなか辛い登りが続きます。小仙丈ヶ岳下の小さな広場で展望を楽しみながら昼食にしました。目の前には大きな甲斐駒ヶ岳、その右には栗沢岳からアサヨ岳の稜線が続いています。地蔵岳のオベリスクから続く鳳凰三山も見付けることが出来る展望の広場です。

六合目
振り返ると甲斐駒ヶ岳

山名表示 ※クリックすると山名を表示・非表示します。
稜線から眺める甲斐駒ヶ岳と鳳凰三山
展望台からは甲斐駒ヶ岳
アサヨ峰の先に鳳凰三山

 

その他のコース・山行記録
TAG:南ア
 山行記の訪問者数 今月:58件 累計:12398件
 Back