topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 三斗小屋温泉から三本槍岳~秘湯の宿から展望の頂へ~ 


標高
茶臼岳1,897.6m、三本槍岳1,916.9m
山域
那須・塩原
登山日
2015年5月25日(月)~26日(火)
歩行時間
25日4:50、26日5:25
歩行距離
16.2km
標高差
437m
累積標高差
+1440m、-1440m
登山口
峠の茶屋mapon
交通機関
 自家用車・峠の茶屋
登山コース
峠の茶屋~峰の茶屋跡~茶臼岳~三斗小屋温泉(テン泊)~隠居倉~三本槍岳~峰の茶屋跡~峠の茶屋
コースmap
茶臼岳・三本槍岳

 

山行の記録

今年初めてのテント山行は三斗小屋温泉のテン場で一夜を過ごし、那須の山々を周遊する明るい縦走を楽しみました。

 (5月25日)晴れ

峠の茶屋10:45~峰の茶屋跡11:50/12:20~那須岳13:05/35~牛ヶ首14:30~姥ヶ平15:00~1450m付近16:05/20~三斗小屋温泉・煙草屋16:50(テン泊)
行動時間6:05、歩行時間4:50、歩行距離7.7km、累積標高差+643m、-649m

 峠の茶屋~峰の茶屋跡~茶臼岳

たくさんの車で賑わう峠の茶屋の駐車場から峰の茶屋跡に向かい歩きはじめます。登山口には山の神の石祠が祀られ赤い帽子を被った狛犬が立っています。

明るい登山道は初夏のような強い日を浴び気温もかなり上がっているようです。温暖化のせいなのか、今年は5月と言うのにすでに15回も真夏日を観測しています。

駐車場の先に朝日岳
登山口に山の神
明るい登山道を登って行きます
緩やかに登って行く登山道

火山礫に覆われた登山道を緩やかに登って行くとやがて峠の茶屋跡です。ここは何時も強い風が吹き抜けるところです。避難小屋のベンチには風を避けながら休憩しているハイカーが数組、近くの小学生でしょうか先生に引率された登山遠足の子供たちもお弁当を広げていました。

峠の茶屋跡からは茶臼岳を目指すことにします。大きな岩が転がる登山道は山頂の北側を巻くように登って行きます。振り返ると赤茶けた山肌の朝日岳、その先には隠居倉や三本槍岳も見えていました。

たどり着いた峰の茶屋跡
峰の茶屋跡から茶臼岳へ
山頂を巻くように登る登山道
振り返る朝日岳の岩峰

ロープウェイから登ってくる道を合わせると茶臼岳の火口原です。茶臼岳は那須火山の中で最も新しい火山でおよそ6000年前まで噴火を繰り返していたと考えられています。最近では1960年、1963年にも水蒸気噴火が発生している現役の火山です。西側の無間火口周辺では今も盛んに白い噴煙を上げ、ジェット機のような音が登山道周辺にも聞こえていました。

ロープウェイから登ってくる道を合わせ
山頂の手前に三角点
山頂の岩の上に石祠
ロープウェイ駅を目指して下ります

鳥居をくぐると大きな岩が積み重なる茶臼岳の山頂です。岩の上には那須岳神社の石祠が祀られていました。

 茶臼岳~牛ヶ首~姥ヶ平~三斗小屋温泉

山頂で展望を楽しんだのち牛ヶ首へ。ロープウェイ山頂駅の手前で道を右に折れ山腹を巻くように牛ヶ首に向かいます。

途中には高雄口の道標がありました。那須の山岳信仰である白湯信仰では温泉神社からこの道を登り茶臼岳に向かったと考えられています。途中には不動岩、弥陀ヶ原など白湯信仰の拝所が今も残っていると言います。

牛ヶ首への分岐
高雄口の道標
牛ヶ首のから姥ヶ平へ下って行きます

たどり着いた牛ヶ首からは姥ヶ平に下って行きます。灌木に覆われた一帯は若葉色の芽ぶきに包まれたところです。ひょうたん池の先には松を頭に載せた梵天岩を見付けることが出来ます。

姥ヶ平から見上げる茶臼岳
ひょうたん池の脇に梵天岩
緑に包まれた登山道を下って行きます
沼原への道を左に分け

 

その他のコース・山行記録
TAG:那須
 山行記の訪問者数 今月:87件 累計:15022件
 Back