topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 大覚山東慶寺(峰の薬師)

 寺社の種類:曹洞宗の寺院
 創建の時期:明応年間(1492~1501年)
 本尊:薬師如来像
 札所:-
 所在地:神奈川県相模原市緑区三井1497
 訪問日:2019年6月2月

 

江戸時代には高尾山薬王院、新井薬師、日向薬師とともに武相四大薬師の一つとして多くの信仰を集め三井の薬師とも呼ばれていました。

峰の薬師の山門
とうがらし地蔵尊

峰の薬師には富田常雄の小説「姿三四郎」で空手の桧垣鉄心と決闘したところです。また境内には明治の政党政治家尾崎行雄の石碑がります。号は咢堂、神奈川生まれで明治23年より昭和27年まで衆議院議員連続25回当選。新潟新聞主筆を振り出しに、第二次大隈内閣文相、第二次大隈内閣法相等を歴任し憲政の神様と謳われています。

峰の薬師の案内板
境内に鐘楼
尾崎咢堂の石碑
峰の薬師の本堂
峰の薬師の案内版
本堂前に石碑
境内から眺める津久井湖
コンクリート造りの奥の院

明治36年(1903年)から45年(1912年)まで東京市長に就任、サクラの苗木 3000本をワシントン D.C.に贈呈したことはよく知られています。

関連記録・コース

 薬師如来・薬師瑠璃光如来(やくしにょらい)

東方浄瑠璃世界の教主。人々の病患を救うとともに悟りに導くことを誓った仏で医薬の仏として信仰される。右手に施無畏印(せむいいん)を結び、左手に薬壺(やっこ)を持つ。脇侍に日光菩薩と月光菩薩、眷属として十二神将が配される。

 

TAG:峰の薬師へのみち 2019年6月2日
 Back