topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 稲荷山浄妙寺

 寺社の種類:臨済宗建長寺派
 創建の時期:文治4年(1188年)、開基:足利義兼、退耕行勇(開山)
 本尊:釈迦如来
 札所:鎌倉三十三箇所第9番札所、鎌倉十三仏霊場 第2番(釈迦如来)
 所在地:神奈川県鎌倉市浄明寺3-8-31
 訪問日:2017年11月16日

 

鎌倉三十三箇所の第9番札所です。鎌倉五山の第五位の寺院としてかつては広大な寺地を有していました。現在も浄明寺の地名にその名残を残しているところです。

山門の傍には古い石塔が残っています。受付おばさんの話では宝篋印塔などを寄せ集めたものとか、確かに見慣れない形の石塔でした。

浄妙寺の山門
浄妙寺の案内板
山門脇に古い石塔
境内の案内板
境内の奥に方丈
大きな方丈
方丈の内部
足利貞氏の宝篋印塔

広い境内の奥には方丈があります。禅宗のお寺らしく祭壇には祈祷の額がかかっています。本堂の裏手は墓地になっています。その中に足利貞氏の墓とされる古い宝篋印塔がありました。

関連記録・コース

 臨済宗建長寺派(りんざいしゅうけんちょうじは)

日本仏教の一宗派。臨済宗一四派の一つです。本山は京都の妙心寺、派祖は関山慧玄。

 

 釈迦(しゃか)釈迦如来(しゃかにょらい)

仏教の開祖。世界4聖の一人。ネパール南部の釈迦族の王子として紀元前6から前5世紀に生まれる。苦行ののち悟りをひらきインド各地で布教して80歳で没したとされる。

はじめは実在の釈迦をさしたが入滅後、超人化・神格化されて信仰・崇拝の対象となる。日本には6世紀、百済からその教えがつたわった。

 

 鎌倉三十三観音霊場(かまくらさんじゅうさんかんのんれいじょう)鎌倉観音霊場(かまくらかんのんれいじょう)

大正から昭和初期にかけて設定された観音霊場で、江戸時代に成立した鎌倉郡三十三箇所をベースにされている。鎌倉郡三十三箇所と異なり、廃仏毀釈により廃絶・移転してしまった寺も存在した事から23箇所の霊場が新たに加えられている。

1番 大蔵山杉本寺、2番 金龍山宝戒寺、3番 祇園山安養院、4番 海光山長谷寺、5番 満光山来迎寺、6番 錦屏山瑞泉寺、7番 岩蔵山光触寺、8番 飯盛山明王院、9番 稲荷山浄妙寺、10番 功臣山報国寺、11番 帰命山延命寺、12番 中座山教恩寺、13番 稲荷山別願寺、14番 随我山来迎寺、15番 円龍山向福寺、16番 内裏山九品寺、17番 南向山補陀洛寺、18番 天照山光明寺、19番 天照山蓮乗院、20番 天照山千手院、21番 普明山成就院、22番 霊鷲山極楽寺、23番 大異山高徳院、24番 亀谷山寿福寺、25番 泉谷山浄光明寺、26番 扇谷山海蔵寺、27番 若昇山妙高院、28番 巨福山建長寺、29番 蓮菜山  龍峰院、30番 福源山明月院、31番 金宝山浄智寺、32番 松岡山東慶寺、33番 円覚寺仏日庵

 

 宝篋印塔(ほうきょういんとう)

宝篋印陀羅尼という呪文を収めた塔。のちに供養塔、墓碑塔として建てられた。方形の石を下から基壇、基礎、塔身、笠、相輪と積み上げ、笠の四隅に飾りの突起があるものをいう。

 

TAG:鎌倉五山,鎌倉三十三観音
 Back