topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 伊曽乃神社(いそのじんじゃ)

 寺社の種類:式内社(名神大)、旧国幣中社、別表神社
 創建の時期:(伝)第13代成務天皇7年
 本殿の様式:神明造
 所在地: 愛媛県西条市中野甲1649
 訪問日:2017年9月27日

 

1800年以上の長い歴史がある神社でで古くは伊予国第一の大社であったと伝えられています。社伝によれば伊予御村別(みむらわけ)の祖の武国凝別命(景行天皇の皇子)が東予地方を開拓するにあたり、皇祖神である天照大神を祀ったことに始まると言います。

境内には木花開耶姫(このはなさくやひめ)のブロンズ像があります。境内社の古茂理(こもり)神社に木花開耶姫が祀られているため安産祈願の参拝客が多く訪れるところです。

大きな石鳥居から石畳みに覆われた参道が始まります。参道には奉納石碑が建ち並んでいました。神門をくくると菊の幔幕が張られた大きな拝殿です。瑞垣の中には神明造の本殿が建っていました。

境内には天満神社、加茂・神戸両郷内諸社遥拝所、瑞枝神社、鎮守神社(又野神社)、御先神社の摂社が祀られていました。境内社の古茂理神社は神門の向かいの杉林の中に祀られていました。

参道の石鳥居
石畳の先に石鳥居
國幣中社の石柱
参道に鉄鳥居
奉納石柱が並ぶ参道
参道に注連柱
社務所
境内にご神木
御手水場
神門
大きな拝殿
菊の幔幕が張られた拝殿
拝殿の内部
瑞垣の中に本殿
木花開耶姫のブロンズ像
摂社の天満神社
加茂・神戸両郷内諸社遥拝所
摂社の瑞枝神社
鎮守神社(又野神社)
御先神社
境内社の古茂理神社
古茂理神社
古茂理神社の本殿

 

 八幡大神(やはたのかみ・はちまんおかみ)誉田別命、品陀別命(ほんだわけのみこと)

日本で信仰される神で、清和源氏、桓武平氏など全国の武家から弓矢八幡として崇敬を集めました。誉田別命(ほんだわけのみこと)とも呼ばれ、応神天皇と同一とされます。

また早くから神仏習合がなり、八幡大菩薩(はちまんだいぼさつ)として神宮寺が祀られました。

 

 武国凝別命(たけくにこりわけのみこ)

日本書紀に伝わる古代日本の皇族です。第12代景行天皇の皇子として生まれました。母は高田媛。伊予国の御村別(みむらのわけ/みむらわけ)の祖と記されています。

 

 神明造(しんめいづくり)

神社本殿の建築様式の一つ。素木造(しらきづくり)、切妻造で、屋上に千木(ちぎ)堅魚木(かつおぎ)を載せます。伊勢神宮が代表例です。

 

 木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)神阿多都比売命(かむあたつひめのみこと)、葦津姫命(かやつひめのみこと)

日本神話に登場する神様。古事記では瓊々杵命(ににぎのみこと)の妻となります。富士山の神とされ各地の浅間神社で祀られています。子育ての神、子安神としても篤く信仰されています。

 

 景行天皇(けいこうてんのう)、大足彦忍代別尊(おおたらしひこおしろわけのみこと)

第12代天皇(在位:71年7月11日~130年11月7日 )垂仁天皇の第三皇子。都は大和の纏向日代宮(まきむくのひしろのみや)。熊襲くまそを征討し、皇子の日本武尊(やまとたけるのみこと)を派遣して蝦夷を平定したという。

 

 邇邇芸命・瓊瓊杵尊・瓊々杵尊・彦火瓊瓊杵・火瓊瓊杵(にぎにぎのみこと)・天津彦彦火瓊瓊杵尊(あまつひこひこほのににぎのみこと)

日本神話に登場する神様。天照大神(あまてらすおおみかみ)の孫。天忍穂耳尊(あまのおしほみみのみこと)の子。天照大神の命で葦原の中つ国を統治するため、高天原から高千穂峰に天降ったとされる。木花開耶姫(このはなのさくやびめ)を妻とし、彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)を生んだ。

 

 Back