topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 日の出山~雪の山頂から柚木尾根へ~ 


標高
日の出山 902.0m
山域
奥多摩
登山日
2019年12月25日(水)、晴れ、5℃
歩行時間
行動時間 4:45、歩行時間 3:55
歩行距離
7.5km
標高差
60m
累積標高差
+360m、-960m
登山口
御岳山ケーブル駅mapon
交通機関
 往路・御岳山ケーブル山頂駅、 復路・JR青梅線川井駅
登山コース
御岳山駅~日の出山分岐~日の出山~柚木尾根分岐~寒山寺駐車場~沢井駅
コースmap
日の出山
日の出山

 

 Panorama


日の出山の山頂からは奥多摩の山々を一望することができます。御岳山、大塚山の先に大きな頭を持ち上げる鷹ノ巣山、その先には飛竜山、芋ノ木ドッケ、滝沢の頭などの長沢背稜の山々、それから続く稜線には川苔山、棒ノ折山、蕨山などの頂を見付けることができます。

 山名表示をチェックするとパノラマ写真に山名を表示します。


山名表示 ※クリックすると山名を表示・非表示します。
日の出山から眺める奥多摩の山並み

雲取山は雲の中、奥多摩最深部の山々はすでに真っ白い雪の中に冬に眠りについているのでしょう。

 

 コースタイム


御岳山駅9:05~日の出山分岐9:20~日の出山10:10/11:00~柚木尾根分岐11:55~583m分岐12:35~寒山寺駐車場13:40~沢井駅13:50

 

 御岳山駅~日の出山分岐~日の出山


今年最後の山行は奥多摩、大岳山に登ろうと思い家を出ました。しかし1000m付近の稜線にも雪が張り付いているようです。この時期の雪ですのであまり危なくもないようですが予定を変え御岳山から日の出山に登ることにしました。

御嶽駅前の御岳交流センター駐車場に車を停めバス停に、雪の後の平日にもかかわらず御岳山に向かうハイカーも多いようです。

御岳山ケーブルで山頂駅に、駅前の広場にも湿った雪が残っています。1000m付近では数センチですが大岳山などでは本格的なスノーハイクになるようです。御岳山の参道を進むと御師の家です。改築された馬場家のかやぶき屋根にも雪が積もっています。近くで出会った地元の人に聞くと大寒のころは氷点下15度近くになることももあるとか。山頂の暮らしもなかなか大変なようです。

御嶽駅のバス停
ケーブルカー線路にも雪が
ケーブルカーの山頂駅
御師のかやぶき屋根にも雪が

日の出山へ続く緩やかな道は関東ふれあいの道です。上養沢から御嶽駅へと続く道が杉の木陰のみちとして整備されていることもあり上養沢方面から登ってくる人も多いようです。

日の出山への分岐を折れて
樹林帯をたどる道にも雪が
石段の道を緩やかに登ると日の出山の肩
東雲山荘には人が

石段の道を緩やかに登って行くと日の出山の肩、山頂の巻き道には立派なトイレが建っています。ここには東雲山荘があります。自炊のみ山小屋ですが宿泊もできるとか、お正月には初日の出を目当てに宿泊する人も多いようです。

日の出山の巻き道には立派なトイレ
山頂は雪が積もっています
秩父多摩甲斐国立公園の案内板
山頂の東屋からは展望が広がります
馬頭刈尾根の肩に小さな富士山
山頂の先には鷹ノ巣山と長沢背稜

広く開けた山頂は雪の中、山頂標識の先からは鷹ノ巣山、雪の張り付いた稜線は長沢背稜、雲の下には雲取山の頂も見えているようです。奥多摩の山々はすでに真っ白な世界に包まれているようでした。

お正月の用意のためでしょうか、東雲山荘に登ってきた地元の人が山頂周辺の掃除や雪かきをしていました。

 日の出山~柚木尾根~川井駅


東屋の前に立つと目の前に都心の街並みが霞んでいます。雪の直後でしょうが気温は少し高くなっているようです。

山頂からは吉野梅郷方面へと下ることにします。山頂直下の階段は雪で滑りそうでしたかしばらく下ると雪もなくなってきました。

山頂からは吉野梅郷方面への道を
展望が開ける登山道
柚木尾根への分岐
杉木立の中に道標が整備され

緩やかに下る登山道は高峰のピークを巻くようにして下って行きます。暗い樹林帯の中の分岐は柚木尾根へと下て行く分岐です。

まだ歩いたことのない道と言うことで柚木尾根から沢井か軍畑の駅に下ることにしました。暗い樹林帯の中を下って行く道には道標もたっています。柚木尾根から日の出山へと登って行く人にも出会えるところで道も良く整備されています。

途中から沢井駅に下ろうと思い583mの地点から道を左に、地形図上では小径になっていましたが送電鉄塔の巡視路のようです。

明るい尾根道を下って行きます
送電鉄塔の巡視路のようだが
幹にはテープもあるが踏み跡は薄い
踏み跡もなくなり

暗い樹林帯の中、木の幹に白いテープなどが巻かれていましたが下るにつれ踏み跡も薄くなります。

踏み跡を探しながら小さな沢に沿って急坂を下って行くと踏み跡は沢の中に消えてしまいました。

急斜面を下ってきました
民家の傍に出てきました
寒山寺駐車場
たどり着いた沢井駅

木の根を頼りに急斜面を下ります。たどり着いた民家の傍には仕事道がありましたが山登の道としてはあまり歩かれていないようでした。

寒山寺の駐車場から多摩川を渡ると川井駅は僅かの登りです。しばらくの待ち合わせで下りの電車がやってきました。

 

 コース GPSmap


緯度: 経度:
 クリックするとGPSLogをダウンロードします。

 

 その他のコース・山行記録


TAG:御岳山
 山行記の訪問者数 今月:18件 累計:277件
 Back