topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 明神ヶ岳~道了尊から登る箱根展望の頂~ 


標高
明神ヶ岳 1169m
山域
箱根
登山日
2019年11月20日(水)、晴れ、11℃
歩行時間
行動時間 7:05、歩行時間 5:35
歩行距離
9.6km
標高差
885m
累積標高差
+930m、-930m
登山口
道了尊最乗寺mapon
交通機関
 伊豆箱根バス道了尊
登山コース
道了尊バス停~見晴らし小屋~神明水~明神岳~道了尊分岐~奥之院~道了尊バス停
コースmap
明神ヶ岳
明神ヶ岳

 

 Panorama


明神ヶ岳は箱根の外輪山の一つです。そのなだらかな山頂からは神山や早雲山、金時山など箱根の山々を一望することができます。

 山名表示をチェックするとパノラマ写真に山名を表示します。


山名表示 ※クリックすると山名を表示・非表示します。
明神ヶ岳から眺める箱根の山(PhotShopElementで作成)

大湧谷の噴火警戒レベルが1に引き下げられましたが神山は立ち上る真っ白い噴煙に包まれていました。

 

 コースタイム


道了尊バス停8:45~見晴らし小屋10:00/15~神明水10:40~990m付近11:35/40~明神岳12:15/13:00~道了尊分岐13:20~965m付近13:50/14:00~林道分岐14:40/55~奥之院15:20/30~道了尊バス停15:50

 

 道了尊バス停~見晴し小屋~神名水~明神ヶ岳


山の会の山行は箱根の明神ヶ岳です。テレビのニュースで関東周辺の紅葉の便りが伝えられていますが箱根もまた紅葉の盛りを迎えていると言います。

伊豆箱根バスでたどり着いた道了尊のバス停から参道を歩き始めます。暗い杉林の中の道には数日前の風でたくさんの枯れ葉が落ちていました。

ネットなどでは道了尊からの登山道は台風の影響で通行止めとか、しかし参道わきの登山口には通行止めの案内はありませんでした。急な坂道をひと登りすると杉林の中の登りが始まります。

道了尊のバス停
道了尊の境内から始まる登山道
急坂をひと登りすると杉林の中の道
林道を超え再び登山道

緩やかに登る登山道はやがて林道を超えます。さらに矢倉沢へと続く林道を超えると見晴し小屋にたどり着きました。ベンチが置かれた小屋の前からは大山から続く表丹沢の稜線が青空の下にそびえていました。

やがて登山道は明るい雑木林の稜線を登って行くようになります。ススキの原には色付きを増す赤や黄色のモミジ、台風の強い風で葉が落ちてしまったものも多いようですがこの周辺は今が紅葉の真っ最中です。

かなり朽ちかけた見晴し小屋
ススキの稜線には色付きが浅い紅葉
冷たい水が湧きだす神明水
雨で掘られた登山道

しばらく登ると神明水です。パイプから水が流れていますがあまり冷たい水では無かったでした。ここからは雨で土削られ歩き難い道が始まります。

山頂から下ってきた若い女性は山慣れていないようで、「登山道は歩き難いところがたくさん、沢が崩壊して道がなかった・・・」と話していました。

深く掘られた登山道は歩きにくい
心地よいススキの原を登って行きます
振り返ると湘南の丘陵の上に大山南尾根
登山道脇には真っ赤な紅葉
この周辺は紅葉の真っ盛り

やがて登山道は山頂直下を巻くように南に向きを変えます。小さな沢を越えるところは崩壊して歩き難くなっていました。

ススキの原からは大山の稜線
源頭近くの沢は荒れています
明星ヶ岳への道を左に分け
稜線へと登る急坂

明星ヶ岳への道を左に分けると山頂への急坂です。疲れ始めた足に最後の急坂はかなりきつい登りでした。

山頂は稜線から5分ほど登ったところです。この周辺はフジアザミやハコネアザミ、マツムシソウの咲くところです。道端には枯れた花柄が目立つアザミに交じりまだマツムシソウが小さな花を付けていました。

稜線からは噴煙を上げる大湧谷
広く開けた明神ヶ岳の山頂
山頂標識の先に金時山
雲に頭を隠す神山

ベンチが置かれた山頂からは白い噴煙を上げる大湧谷、その上には箱根火山の中央火口丘である神山の頂そびえています。1か月ほど前に噴火警戒レベルが1に引き下げられ、大湧谷を超えるゴンドラの運航も再開されたようです。白い噴煙の上にゴンドラが小さな点のように続いていました。

山頂のベンチにはソロの若い女性が昼食中です。25リットルのモンベルザックにコッヘルとホットサンドメーカーを担いできたとか、コンビニの肉まんとお握りを焼いたと言います。少し重いようですが山の上で熱々の焼きおにぎりも良いものでしょう。

 明神ヶ岳~道了尊分岐~奥之院~道了尊バス停


宮城野橋への道は急な下り、荒れているということで帰りは道了尊に下ることにします。山頂からは崩壊が進む外輪山をめぐる心地よい尾根歩きです。目の前には黒っぽい雲を被る金時山、眼下に広がる強羅周辺の木々は紅葉に包まれているようでした。

崩壊した斜面が続く外輪山の縦走路
道了尊へと下る分岐
葉を落とした雑木林の下り
雨で道は荒れています

分岐からは道了尊へと下って行く雑木林の道が始まります。やがて道は雨に土削られた歩き難い道になります。深く掘られた道はかなり荒れ、落ち葉で滑り易い道が続いています。

途中、右手にロープが張られたところからは踏み跡が不明瞭になってきます。赤いテープの先に沢へ下って行く道が見えていました。何れ林道にたどり着くのでしょうが安易に沢筋に下らないのは鉄則のようです。

紅葉が残っている雑木林の道
歩き易くなった雑木林の尾根道を下り
杉林の中の道を下ります
矢倉沢へと続く林道を超え

しばらく下ると矢倉沢へ続く林道です。ここからもまた雑木林の道を下って行くことになります。

やがて暗い杉林の中を下って行くようになると道了尊の奥之院にたどり着きました。ここは参拝客も多く訪れるところです。階段の傍にはアニメキャラクターが描かれたパワースポットの旗が立っていました。

再び雑木林の道を下って行きます
雑木林の道を下って
道了尊の奥之院にたどり着きました
長い石段を下って行きます

長い石段を下って行くと道了尊の境内にたどり着きました。モミジは色付きを増してはいるようですがガイドブックなどにも紹介されている瑠璃門のモミジはまだ緑の葉が目立ちます。石段の先のシャクナゲにはたくさんの蕾とピンクの花が一つ、今年の季節の流れは少し狂っているのかも知れません。

道了尊は参拝客もちらほら
境内の紅葉も色付きはじめ
登山道脇には通行止めの案内が
土産物屋の先にバス停

日本一の下駄の先は明神ヶ岳の登山口、道標には通行止めの案内が張られていました。この先の急坂が崩壊しているため通行を禁止しているのでしょうが規制のロープも張られていませんでした。

 

 コース GPSmap


緯度: 経度:
 クリックするとGPSLogをダウンロードします。

 

 その他のコース・山行記録


TAG:箱根
 山行記の訪問者数 今月:227件 累計:1473件
 Back