topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 高宕山~房総の隠れた名峰~ 


標高
高宕山 330m
山域
房総
登山日
2019年2月7日(木)、晴
歩行時間
歩行時間 3:15、行動時間 3:55
歩行距離
6.1km
標高差
210m
累積標高差
+565m、-565m
登山口
館山道君津ICから16kmmapon
交通機関
 石射太郎登山口
登山コース
石射太郎登山口~高宕観音~高宕山~高宕大滝~石射太郎登山口
コースmap
高宕山
高宕山

 

山行の記録

 コースタイム

石射太郎登山口8:55~石射太郎山9:15/20~高宕観音10:10/25~高宕山10:45/11:00~高宕大滝12:00/05~石射太郎登山口12:50

 

 石射太郎登山口~高宕観音~高宕山

山の会の山行は房総の高宕山です。ここは台田久保の巨人伝説が残る石射太郎山から高宕観音へと続くハイキングコースで関東ふれあいの道にも指定されているところです。

アクアラインを利用して君津へ、東京湾を一跨ぎする海の道はなかなか便利なものです。昨日の雨で靄っていた空も登山口が近付く頃には青空も見え始めていました。

海ほたるから木更津方面
石射太郎登山口

石射太郎の登山口には10台ほどの車が停まれる駐車スペースがあります。地元ナンバーの軽自動車が停まっていました。

登山口の道標に導かれコケに覆われた階段を登り始めます。房総には山ヒルが出ると言いますが3月にもなるとこの付近もヒルガードのお世話になるところなのでしょう。

苔むした石段を登り始めます
杉木立の中を登って
シダが目立つ登山道
登山道わきにかつての砕石場

暗い杉林の中を登って行くと石射太郎の石切り場です。関東大震災のころまで石が切り出されていたところで登山道のわきには垂直に削り取られた砕石のあとが残っていました。

鹿野山への道が分かれています
石射太郎の案内板
石射太郎には台田久保の巨人伝説
低い山並みの中に高宕山と八良塚

ベンチが置かれた広場は視界が開けるところです。左手には石射太郎山の岩峰、数年前に死亡事故があったようで通行止めになっていました。目の前に頭を持ち上げる頂は高宕山と八良塚、低く連なる房総の山々はその頂を同定することが難しいところです。

明るい雑木林の尾根道
関東ふれあいの道として整備され
良く踏まれた道が続きます
登山道の石は苔むしています

ここからは高宕山へと続くなだらかな尾根道が始まります。照葉樹の雑木林に続く良く踏まれた道は関東ふれあいの道として整備されたところでお馴染みの道標が所々に、左が切れ落ちたところには手摺なども付けられていました。

単調な登山道をしばらく歩くと高宕観音の石段が現れます。石段の脇にはガイドブックなどに紹介されている仁王像が立っています。頭が欠けたり足が台座として付け直されたり、かなり古い石像と言うことがうかがえます。

登山道には手摺もついています
高宕観音の石段
ガイドブックにも登場する仁王像
急な石段を登って行きます

長い石段を登って行くと大きな岩の下に高宕観音のお堂がありました。奈良時代に行基菩薩が訪れたところとして、また源頼朝が石橋山の合戦に敗れ安房の国に渡ったとき源氏の再興を祈り訪れたところと伝えられています。

堂内には掲げられた扁額には峯上二十七番と小糸三十二番の御詠歌が刻まれ高宕山萬福寺として観音霊場となっていたようです。ネットで調べてみましたが新上総観音霊場には二十一番に萬福寺がありますが峯上、小糸観音霊場は見つかりません。観音霊場も時代とともに色々な変遷があるのでしょう。

大岩の下に宝塔
大岩の下に高宕観音
観音堂の内部では作業中
古い弘法大師の石像

高宕観音からは岩に掘られた穴をくぐって高宕山へ向かいます。途中には固定ロープが張られた小さな岩場や梯子などもあります。前日の雨で岩場は少し滑り易くなっていました。やがて右手が切れ落ちた稜線を回り込むと山頂直下、岩溝に付けられた梯子を登ると狭い高宕山の山頂です。

岩壁をくりぬいたトンネルをくぐり
昨日の雨で滑りやすい急坂
山頂直下に岩場にはしご
固定ロープが張られた岩場
山頂は岩溝を登り
山頂は狭い岩場
岩場の山頂からは久里浜の海岸線

目の前には低く連なる房総の山々、富津の海岸線の先には湘南の街並み、その上には霞んだ富士山が見え隠れしていました。ここから富士山までは115km、気温が上がっていることもあって白く霞んでいるものの東京湾を挟むと富士山も思いのほか近いものです。

 高宕山~高宕大滝~石射太郎登山口

予定では八良塚を回って石射太郎登山口に戻る予定でした。しかし目の前のふみ跡を下って行けば良いのかと思い急坂を下って行きましたがとんだ道間違いです。固定ロープ、赤テープもありましたが登りの時に利用した階段の傍に下ってしまいました。

山頂からの下り
固定ロープが張られた急坂を下り
固定ロープの岩場は滑りやすい
木の根がうるさい急坂を下り

ということで今回は八良塚には向かわず高宕大滝から林道をたどり石射太郎登山口に戻ることにしました。分岐には道が荒れている、崩壊しているところがあるなどの注意が書かれた案内板がありますがしっかりとした足跡も残っています。

高宕大滝への道は沢を下り
沢には小さな橋が架かっています
良く踏まれている道を下り
急な坂を下って行きます

分岐からは荒れた沢を下って行きます。小さな橋を渡った道は右手の支尾根へと登って行きます。

広葉樹の林をたどる道は小さなアップダウンを繰り返す道です。左手が切れ落ちた岩の上を超えたり滑りやすい急坂を下ったりしますがそれほど危険なところはありません。

左が切れ落ちた岩の上に道が
緩やかな道が続きます
展望台に立つと目の前に石射太郎山、その奥には鹿野山の稜線

目の前が開けた岩場の上に立つと左手に目立つ岩峰は石射太郎山、その先には鹿野山のなだらかな稜線が見えています。鹿野山は千葉一等三角点と水準点があるところ、車道も通るその山頂には鉄塔や建物も見えていました。

しばらく進むと岩場の脇に整備された手摺と階段が付いています。かつては左手が切れ落ちた岩場の上を歩くちょっとした蟻の戸渡りと言ったところだったのでしょうか。ネットなどでも紹介されていましたが背丈が低い房総の山にも伊予ヶ岳や鋸山などのほか笠石、寂光山という岩っぽい山も幾つかあるようです。

岩っぽい坂を下り
細い岩尾根は手摺が付けられ
心地よい道が続きます
沢に向かい下って行きます

ここからは高宕大滝を目指して雑木林の中を下って行きます。やがて沢が近づいてくると高宕大滝の傍に下りました。

高宕大滝は君津で最大の滝、落差は13mと言います。今年は雨が少ないこともあって水量は多くありません。滝壺まで下って行く道もありましたが滑りそうなので立ち寄らずに林道を下って行くことにしました。

高宕大滝
高宕大滝からは林道歩き
途中は落石もあります
手掘りのトンネルをくぐり

高宕川に沿って下って行く林道はかなり荒れています。落石が林道に積み重なっているところもあります。途中には手掘りのトンネルが3か所、最後のコンクリート造りのトンネルを抜けると車を置いた石射太郎の登山口にたどり着きました。

さらにトンネルをくぐり
再びトンネルをくぐり
最後のトンネルをくぐると
石射太郎登山口の登山口

歩程は若干短めでしたが山頂直下には岩場などもあり、隠れた房総の名山という表現は間違いでもなさそうな山でした。

 道の駅保田ばんや

帰りは保田のばんやに立ち寄ることにします。2時近くになるのに駐車場は一杯、少し待たなければならいようでやはり房総でも人気の店の一つです。

おまかせ丼
ミックスフライ
サバの香林鶏
噂のイカかき揚げ丼
2時を過ぎてもたくさんの人でにぎわって
最後はお持ち帰り用のタッパに包めて

開店以来の名物というイカのかき揚げ丼やおまかせ定食などを注文します。大きなかき揚げが4枚載った天丼はいくら食べてもご飯が出て来ないとか、結局かき揚げを残しお持ち帰りとなってしまいました。

 

 コース GPSmap

緯度: 経度:
 クリックするとGPSLogをダウンロードします。

 

その他のコース・山行記録
TAG:房総
 山行記の訪問者数 今月:37件 累計:2732件
 Back