topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 祖母山~宮崎と大分の県境に位置する岩を巡らせた山~ 


標高
祖母山 1,756.4m
山域
九州
登山日
2010年3月22日(月)
歩行時間
登り2:40、下り2:00、合計4:40
歩行距離
8.6km
標高差
629m
累積標高差
+765m、-765m
登山口
北谷登山口mapon
交通機関
 九州横断道路大野ICから50km
登山コース
北谷登山口~千間平~国見峠~祖母山~9合目小屋~国見峠~北谷登山口
コースmap
祖母山 千間平コース
祖母山 千間平コース

 

Panorama

宮崎と大分の県境に位置する祖母山は日本百名山にも選ばれた山でアケボノツツジやオオヤマレンゲの咲く山としても知られています。近くには岩峰を巡らせた傾山もあり、これらをめぐる縦走コースも整備されていると言います。

 山名表示をチェックするとパノラマ写真に山名を表示します。


山名表示 ※クリックすると山名を表示・非表示します。
祖母山から眺める傾山や大崩山 (PanoramaMakerで作成)

登山コースは色々とあるようで、北谷登山口から緩やかな尾根道を登るハイキングコースのほか、冬は結氷する風穴コースや天狗岩、障子岳を越える縦走コースなどが開かれているようです。ネットなどを開くと風穴コースは急な岩場もあると書かれていたこともあり、千間平コースを往復することにしました。

九州横断道路で竹田へ。ここからは車の行き来もままならない狭い県道を走ることになります。たどり着いた北谷の登山口には広い駐車場とトイレを兼ねた休憩小屋が建っていました。

山行の記録

 コースタイム詳細

北谷登山口~(1h05m)~千間平~(0h45m)~国見峠~(0h50m)~祖母山~(0h45m)~国見峠~(1h15m)~北谷登山口

 

 北谷登山口~千間平~祖母山(往復)

登山口からは山頂を背にするように大分と宮崎の県境の稜線を目指す登りが始まります。暗い杉林の中を登って行く道はジグザグを繰り返しながら緩やかに高度を上げて行きます。道端にはほぼ0.5kmおきに1合目、2合目と印された標柱が建っていました。

北登山口の駐車場
北登山口の駐車場
千間平コースの登山口
千間平コースの登山口
杉林の中を登り
杉林の中を登って行きます
5合目
千間平から小さく下ると5合目

3合目を越えると視界が開け冬枯れの梢の先に祖母山がその姿を見せてくれます。明るい尾根道を登るようになったところが千間平と言われるところです。

ここからはなだらかな稜線歩きが始まります。まだ芽ぶきの時期にはかなり時間がかかるようで、梢に先には膨らみも見付けることができません。小さく下ったところが5合目、さらに緩やかに稜線をたどると三県境です。ここは宮崎と大分、熊本の三県が県境を接する所で、左手の道をたどると越敷岳に向かうと言います。

さらに緩やかな稜線を登って行くと国見峠にたどり着きました。広く開けた湿地と言ったところで冬場には樹氷の花も咲くと言います。

赤いよだれかけをしたお地蔵さんが祀られた道端で小休止。ここからは山頂に向かっての登りが始まります。国見峠で見たときはなだらかな登りと思っていた登山道は、山頂に近付くに従い急な登りに変わってきます。笹に覆われた登山道は霜柱や溶け残った氷でかなり歩きにくい登りです。やがて9合目小屋に向かう道を左に分け、急な登りに息を切らせると広く開けた祖母山の山頂です。

三県境
大分、宮崎、熊本の三県を分ける峠
国見峠
広く開けた国見峠
9合目小屋への分岐
9合目小屋への分岐
祖母山の山頂
豊玉姫の石祠を祀る祖母山の山頂

山頂には1等三角点と神武天皇の祖母と言われる豊玉姫を祀る石祠があります。なだらかな千間コースと対照的に目の前は数十メートルとるほど切れ落ちた岩峰の上で、右手には障子岳や古祖母山へと続く縦走コース、正面には岩峰を巡らせた傾山がそびえています。

山頂で出会った中年の人はこの山域には詳しい地元の人のようで、祖母山周辺の登山コースについて色々話してくれました。「冬には膝下まで雪が降ることもある。尾平から祖母山、古祖母山、傾山へと続く縦走コースがある。この稜線は紅葉の時期には特に綺麗だ。風穴コースは梯子などがかかり途中には数メートルの氷柱がある・・・」などなど。この山域は小さな奥秩父と言ったところで、山の多い大分の中でも久住山とともに山登りのメッカと言ったところのようです。

障子岳
障子岳、古祖母岳へと続く稜線
大障子岩
岩峰を巡らせた稜線の先に大障子岩
あけぼの山荘
9合目のあけぼの山荘

山頂からは9合目に建っているあけぼの山荘を回って登山口に戻ることにしました。荒れた笹の坂道を下ったところに建つ山小屋は最近改修が行われたようで、屋根には太陽電池のパネルなどが取り付けてありました。

途中、国見峠で小休止した後、車を停めた北谷登山口へ。他のコースと違い初心者でも登れると言われるコースですがコースが長いためか、少し時間がかかってしまったようでした。

その他のコース・山行記録
TAG:九州
 山行記の訪問者数 今月:37件 累計:5348件
 Back