topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 鉢伏山〜かってはニッコウキスゲに彩られた山も往時の面影はありません〜 


標高
鉢伏山 1,928.5m
山域
霧ヶ峯・美ヶ原
登山日
2005年7月23日(土)
歩行時間
合計 0:45
歩行距離
1.6km
標高差
93m
累積標高差
96m、-96m
登山口
mapon鉢伏山山荘駐車場
交通機関
 
登山コース
鉢伏山山荘 −0:25→ 鉢伏山 −0:20→ 鉢伏山山荘
コースmap
鉢伏山 登山コース
鉢伏山 登山コース
 

高ボッチ山のすぐ近くには、花の百名山にマツムシソウの咲く山として紹介された鉢伏山があります。またこの山はニッコウキスゲが咲き乱れる山としても知られた山です。しかし最近はシカによる食害が進んでいるためか、往時の面影は見るべくも無いと言います。

山行の記録

 鉢伏山

高ボッチ山の駐車場から、潅木に覆われた林道をしばらく走っていくと鉢伏山の山小屋にたどり着きました。

ここからなだらかな登山道をひと登りすると広い山頂にたどり着きましす。山頂には大きな展望台と小さな社、それに歴史の色をにじませる石碑が建っていました。目の前には先ほど登ってきた高ボッチ山が霞んでいるだけです。

山頂からは往路をたどり山小屋に戻ることにします。登山道の途中からは王ヶ頭の急峻な稜線がそびえていました。何時かはこの頂にも足跡を残してみたいものです。

鉢伏山の山頂には祠が祭られていた
登山道から眺める王ヶ頭

山小屋には中年の小屋番とお客さんが一人。ここの牛乳は冷たくてなかなか美味です。話しによればこの付近の山々も鹿の食害でニッコウキスゲがめっきり少なくなったとか。7月中旬から8月上旬にかけて全山がニッコウキスゲに埋め尽くされると紹介された往時の面影はないと嘆いていました。

Panorama
鉢伏山からの展望(南方向) (カシミールで)
その他のコース・山行記録
TAG:筑摩
 山行記の訪問者数 今月:34件 累計:3796件
 Back