topimg

あの頂を越えて

山行記録

~山頂からの展望、出会った花などの記録~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~山行記録:山頂の展望、出会った花~

 小天狗岳~札幌湖に影を映す小さな頂~ 


標高
旭岳 2,290.3m、 間宮岳 2,185m
山域
北海道
登山日
2000年9月23日(土)
歩行時間
登り1:10、下り0:35、合計1:45
歩行距離
2.3km
標高差
415m
累積標高差
415m、-415m
登山口
ダム下園地mapon
交通機関
 札幌駅から23km
登山コース
ダム下園地 ~1:10→ 小天狗岳 ~0:35→ ダム下園地
コースmap
小天狗岳 登山コース
小天狗岳 登山コース

 

小樽内川をせき止めて作られたさっぽろ湖。その湖面に山頂を映す小天狗岳は、小さいながらも山頂に岩峰を持つ山です。定山渓と言う観光地に近く、また登山道もよく整備されていることから、家族連れの山としてガイドブックにも紹介されている山です。

札幌市内を通り抜け、国道230号線を定山渓へ。目指す登山口は、定山渓ダムの下に造成されたダム下園地の傍らにあります。

山行の記録

 ダム下園地~小天狗岳

登山道から眺めるさっぽろ湖

登山口からは小さな沢に沿って急な登山道を登り始めます。朝里へと向かう定山渓レイクラインの橋脚の下を回り、紅葉の始まった明るい斜面を登って行きます。急な階段をひと登りすると、登山道は右手にさっぽろ湖を眺めながら登る明るい尾根道になります。しばらく階段の道を登ると、目の前に大きな岩峰がそびえていました。ここがコースの中間点。明るい尾根道をさらに登ると、右手が大きく開け、さっぽろ湖がその姿を見せてくれます。今日はこの道端に腰を下ろし、小休止としました。

小休止の後、明るい稜線を山頂へと登って行きます。登山道の両側の木々は赤や黄色に色付き始め、低い山にも秋は忍び寄っています。しばらく稜線を登ると、小天狗岳の山頂にたどり着きました。

山頂からの展望は小さな山としてはなかなかのものです。目の前には小天狗岳の兄貴分のような定山渓天狗。鋭い岩峰を頭の上に乗せたその山は、どこから見ても目立つ山です。その左手にはなだらかな余市岳。右手にはさっぽろ湖の青い湖面が広がっています。小さな山頂はお弁当を広げる場所もありません。山頂を少し下ったところにあるベンチに腰を下ろし昼食です。

山頂から眺める定山渓天狗

 小天狗岳~ダム下園地

昼食の後は真っ直ぐ登山口へ。急な下り坂を下っていくとほどなく登山口です。時間はまだ3時過。登山口の傍に建つ資料館に立ち寄っていくことにしました。小さな資料館には定山渓ダムにかかわる色々な展示がしてありました。

 

 

その他のコース・山行記録
TAG:札幌
 山行記の訪問者数 今月:2件 累計:3955件
 Back