topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 聖神社(ひじりじんじゃ)

 寺社の種類:旧村社
 創建の時期:和銅元年(708年)
 主祭神:−金山彦命、国常立尊、大おおひるめ貴尊(おおひるめのむちのかみ)、神日本磐余彦命、元明金命
 本殿の形式:一間社流造銅板葺
 所在地:埼玉県秩父市黒谷字菅仁田2191
 訪問日:2020年2月15日

 

元明天皇の慶雲5年(708年)秩父で産出した和銅(自然銅)が朝廷に献上されました。天皇はこれを喜び慶雲を和銅に改元、我が国初の流通貨幣である和同開珎が鋳造されました。

聖神社の拝殿
聖神社の拝殿
神前にお守りさん
和銅と和同開珎

朝廷は勅使を使わし祝山(はうりやま)に神籬を建て、自然銅を御神体として金山彦命を祀りました。社伝によると聖神社の創建は和銅元年2月、祝祭が終わったのち祝山から現在の地に移されたと言います。産出された和銅石と朝廷から下賜された蜈蚣(百足)が御神体として祀られています。

境内の摂社
拝殿に奉納額
たくさんの参拝客
聖神社と黒谷の獅子舞
聖神社の石段
銭神様の案内板

和銅開珎ゆかりの神社であることから銭神様とよばれ、金運上昇や宝くじ祈願、ビジネス開運のご利益があるとされています。

高麗神社、宝登山神社、秩父神社、今宮神社とともに秩父五社に一つに数えられツアーなどたくさんの参拝者が訪れるところです。

 

 国常立命・国底立尊(くにとこたちのみこと)

日本書紀によれば天地開闢の最初に出現した神様。国狭槌(くにのさつち)尊、豊斟渟(とよくむぬ)尊とともに独化の三神と言われる神様です。

 

 Back