topimg

あの頂を越えて

城址探訪

~日本の城を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址探訪:日本の城を訪ねて~

 霞ヶ城(手塚城)

 城郭の構造:居館
 築城の時期:治承年間(1177から1181年)
 廃城の時期:-
 主な城主:金刺氏
 所在地:長野県諏訪郡下諏訪町木の下
 訪問日:2019年5月2日

 

手塚別当の金刺光盛の居城です。現在は諏訪大社の駐車場となっていて当時の遺構はありません。

光盛は木曽義仲に従い寿永二年(1183年)倶利伽羅峠の合戦に参戦しました。続く加賀篠原の戦いでは、敗走する平家のなかで一騎踏みとどまって奮戦する斎藤別当実盛と一騎打ちをし実盛の首を討ち取たことが平家物語にも書かれていると言います。しかし光盛も最後には主君義仲と共に、源義経の追討軍を相手に戦死しました。

霞ヶ城の案内板
金刺盛澄の銅像

文明の頃より上社大祝、諏訪氏の勢力拡大に押され、永正15年(1518年)に諏訪頼満によって山吹城が落城します。当主、金刺昌春は武田信虎を頼って甲斐へと落ち延びました。

金刺盛澄の銅像
駐車場に水場
諏訪大社下社の駐車場になっています
目の前には諏訪湖

居館跡には光盛の兄である金刺盛澄の銅像があります。盛澄は諏訪大社下社の大祝(おおほうり)で弓馬の達人でした。

 

 Back