topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 亀王山太岳院

 寺社の種類:曹洞宗の寺院
 創建の時期:-
 本尊:木造十一面観音像
 札所:南はだの村七福神
 所在地:神奈川県秦野市今泉391
 訪問日:2019年1月3日

 

秦野市の重要文化財に指定されている木造十一面観音像を納めています。平成19年に安藤忠雄氏の設計による本堂が改築されました。

大岳院の石柱
福禄寿・亀の木像
境内に石仏
境内に石仏
境内の鐘楼
簡素な山門
あきち地蔵堂
モダンな本堂

すぐ隣には地元の人々に太岳院池と言われる今泉湧水池があります。この池は平成18年2月1日に今泉名水桜公園として整備されました。

今泉湧水池の案内板
玄関に亀王山の扁額
今泉名水桜公園の案内板
今泉公園

南はだの村七福神と鶴亀めぐりの福禄寿と亀が祀られています。

 

 曹洞宗(そうどうしゅう)

禅宗の一派。中国の禅宗第六祖慧能の法系である洞山良价 (807~869年) を祖とする。中国禅宗五家七宗の一つ。鎌倉時代に道元が入宋して伝えた。福井県の永平寺と神奈川県の総持寺とを大本山とする。

 

 道元(どうげん)・承陽大師

鎌倉時代の仏僧。&link#Soudousyuu&曹洞宗の開祖。内大臣久我通親の子。幼くして比叡山に上ったがその教学に疑問をもち、栄西について禅を学び1223年明全(みょうぜん)とともに入宋した。天童山で如浄の印可を受け1228年帰国した。

 

 Back