topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 三峯神社(みつみねじんじゃ)

 寺社の種類:旧県社、別表神社
 創建の時期:景行天皇年間(71年~130年)
 主祭神:伊弉諾尊伊弉册尊
 札所:秩父三社
 本殿の様式:-
 所在地:埼玉県秩父市三峰298-1
 訪問日:2018年11月4日

 

日本武尊が東征の途中、現在の三峯神社のある山に登って伊弉諾尊・伊弉册尊の国造りを偲んで創建したと伝えられている神社です。景行天皇の東国巡行のとき、白岩山、妙法ヶ岳、雲取山の三山を賞でて三峯宮の社号を授けたと伝えています。また伊豆国に流罪になった役小角が三峰山で修業をし、空海が観音像を安置したと縁起には伝えられています。

三峯神社の駐車場
三つ柱鳥居
三峯神社の由緒書き
三峰山博物館

中世以降、日光系の修験道場となり関東各地の武将の崇敬を受けました。

江戸時代には秩父の山中に棲息する狼を、猪などから農作物を守る眷族、神使として崇めるようになりました。修験者たちが三峯神社の神得を説いて回り、三峯講が関東、東北などを中心として信州など各地に組織されました。

参道に並ぶ奉納石碑
石段を登ると奥宮遥拝殿
遥拝殿
遥拝殿から妙法ヶ岳
三峰山の案内版
山中要作先生顕彰碑

三峯神社へは大輪からケーブルカーがありましたが老朽化などで2007年12月に廃止になりました。現在は路線バスが三峰口駅から三峯神社まで運航しています。大輪からは表参道や裏参道を登るハイキングコースが整備されています。妙法ヶ岳と合わせれば気軽なハイキングが楽しめそうです。

日本武尊の銅像
三峯神社の随身門
三峯神社の石柱
狼の石像
狼の石像
三峯山の神額

紅葉の最盛期と言うこともあり三峰観光道路はひどい渋滞です。たどり着いた駐車場からは遥拝殿に向かいます。見上げる稜線の頂は奥の院が祀られる妙法ヶ岳、その奥には熊倉山の稜線が見えていました。

極彩色の随身門
杉木立の参道
石段を登ると拝殿
極彩色の御手水場
青銅の鳥居
八棟木灯台という飾り灯台
拝殿の脇には社務所
極彩色の拝殿
軒には精緻な彫刻が
極彩色の拝殿

随身門から杉林の参道を緩やかに下って行くと三峯神社の拝殿です。極彩色の拝殿は寛政12年(1800年)、本殿は寛文元年(1661年)の建立とか、たびたび改修が行われているようで2004年にも修理修復が行われているようです。

極彩色の拝殿
境内の祖霊殿
国常立神社の社
極彩色の社に神額
日本武神社
日本武神社

拝殿の脇には国常立神社や日本武尊神社、たくさんの摂社が祀られていました。

伊勢神社
境内に祀られる摂社
東照宮
摂社の最後は大山祗神社
参道の奉納石碑
参道に土産物屋

 伊弉諾尊・伊邪那岐命(いざなぎのみこと)

古事記に登場する神、伊弉冉尊(いざなみのみこと)とともに天つ神の命でおのころ島をつくって天降り、国生みと神生みを行った男神です。

黄泉国(よもつくに)の汚穢(けがれ)を禊(みそぎ)した際に、天照大神(あまてらすおおみかみ)、月読尊(つきよみのみこと)、素戔嗚尊(すさのおのみこと)などの神が生まれました。

 

 伊弉冉尊・伊邪那美命(いざなみのみこと)

古事記に登場する神で、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と結婚し、国生みと神生みを行った女神。火神を生んで死に黄泉国(よもつくに)を支配する黄泉大神となりました。

 

 伊弉冉尊・伊邪那美命(いざなみのみこと)

古事記に登場する神で、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と結婚し、国生みと神生みを行った女神。火神を生んで死に黄泉国(よもつくに)を支配する黄泉大神となりました。

 

 伊弉諾尊・伊邪那岐命(いざなぎのみこと)

古事記に登場する神、伊弉冉尊(いざなみのみこと)とともに天つ神の命でおのころ島をつくって天降り、国生みと神生みを行った男神です。

黄泉国(よもつくに)の汚穢(けがれ)を禊(みそぎ)した際に、天照大神(あまてらすおおみかみ)、月読尊(つきよみのみこと)、素戔嗚尊(すさのおのみこと)などの神が生まれました。

 

 Back