topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 森戸神社(森戸大明神)

 寺社の種類:神社
 創建の時期:源頼朝の時代(12世紀後期)
 札所:-
 本殿の様式:-
 所在地:神奈川県三浦郡葉山町堀内1025
 訪問日:2018年11月2日

 

葉山の総鎮守として源頼朝が創建したとされる数少ない神社の一つです。平氏滅亡ののち鎌倉に入った源頼朝は鎌倉に近い葉山に三嶋大社の分霊を勧請して森戸神社を創建しました。

真っ赤な明神鳥居
参道の狛犬
参道の奥に鳥居
総霊社

吾妻鏡には頼朝が別邸を建て、流鏑馬、笠懸などの武事を行ったことが記されています。災厄が生じると加持祈祷が行われ、七瀬祓の霊所としても重要な地であったと記されています。源氏はもとより鎌倉幕府の要人からも篤い信仰があり、特に三浦党の祈願所でもありました。

ペットの守護神畜霊社
参道に手水場
子宝石の奉納所
水天宮社

境内には多くの社が祀られています。おせき稲荷は古来よりせきが止まらない人、喉を使う職業の人の篤い信仰がある社です。

水天宮は「まいられよ 子宝の福 さづかりに」と俳句に詠まれるほど安産・子宝の篤い信仰があります。

おせき稲荷
石段の上に拝殿
拝殿
七五三でたくさんお参拝者
ビャクシンの森入り口
千貫松

森戸海岸は森戸の夕照(もりとのせきしょう)として神奈川の景勝50選に指定されてところです。岩礁の沖合い700メートルに浮かぶ小さな島は名島、赤い鳥居は裕次郎灯台とも呼ばれ沈む夕日はパンフレットなどでも紹介されているところです。

森戸のビャクシンは源頼朝が森戸神社を創建したとき、若木が飛来し岩壁に根付いたものと言われています。約800年(推定)とされる大木は葉山町天然記念物(かながわの名木100選)に指定されています。

ビャクシンの森に石祠
岩の上にビャクシン
森戸の夕照の石碑
岩礁の先に名島と葉山灯台

七瀬払いは朝廷などで行わえれた祓の一種。吾妻鏡によると鎌倉幕府でも由比ヶ濱、金洗澤池、固瀬川、六浦、柚川、杜戸(森戸)、江の島龍穴を七瀬とし風雨が続くなどの災禍において七瀬祓を行ったと言います。

関連記録・コース

 大山積神・大山津見神(おおやまつみのかみ)大山祇神(おおやまづみのかみ)

日本神話に登場する神。別名 和多志大神、酒解神。日本書紀は大山祇神、古事記では大山津見神と表記します。

古事記では、伊弉諾尊伊弉冉尊との間に生まれました。日本書紀では伊弉諾尊が軻遇突智を斬った際に生まれたとしています。

八岐大蛇に登場する足名椎(あしなずち)手名椎(てなずち)木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)の父であり天津神(あまつかみ)に対する大地の国津神(くにつかみ)として登場する神様です。山をつかさどる神で、水の神、田の神としても信仰されています。

 

 事代主神(ことしろぬし)

出雲神話の神。大国主命の子です。国譲りを要求する高天原からの使者に対し、大国主神にかわって国譲りの誓約をしました。神の託宣をのべる役割をもつとされます。

 

 伊弉諾尊・伊邪那岐命(いざなぎのみこと)

古事記に登場する神、伊弉冉尊(いざなみのみこと)とともに天つ神の命でおのころ島をつくって天降り、国生みと神生みを行った男神です。

黄泉国(よもつくに)の汚穢(けがれ)を禊(みそぎ)した際に、天照大神(あまてらすおおみかみ)、月読尊(つきよみのみこと)、素戔嗚尊(すさのおのみこと)などの神が生まれました。

 

 伊弉冉尊・伊邪那美命(いざなみのみこと)

古事記に登場する神で、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と結婚し、国生みと神生みを行った女神。火神を生んで死に黄泉国(よもつくに)を支配する黄泉大神となりました。

 

 迦具土神(かぐつちのかみ)・火之迦具土神(ほのかぐつちのかみ)火産霊神(ほむすびのかみ)

古事記に登場する神で、伊邪那岐尊伊邪那美命によって生み出された最後の神です。出産時に伊邪那美命の陰部に火傷ができ、これがもとで伊邪那美命は死んでしまいます。怒った伊弉冉尊は十拳剣天之尾羽張(あめのおはばり)で殺してしまします。

迦具土神の血や死体からは多くの神が生まれました。

 

 木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)神阿多都比売命(かむあたつひめのみこと)、葦津姫命(かやつひめのみこと)

日本神話に登場する神様。古事記では&link#Niginigi&瓊々杵命(ににぎのみこと)の妻となります。富士山の神とされ各地の浅間神社で祀られています。子育ての神、子安神としても篤く信仰されています。

 

 大国主命(おおくにぬしのみこと)大己貴命・大穴牟遅神(おおなむちのみこと)

出雲神話の神。&link#Susanou&素戔嗚尊(すさのおのみこと)の子または孫です。少彦名神(すくなびこなのかみ)とともに、中つ国の経営を行っましたが、&link#Amaterasu&天照大神(あまてらすおおみかみ)の使者が来ると国土を献上してみずからは隠退しました。

大黒天と同一視されるようにもなりました。因幡(いなば)の白兎の神話は唱歌にも歌われています。

 

 Back