topimg

あの頂を越えて

城址探訪

~日本の城を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址探訪:日本の城を訪ねて~

 館林城(尾曳城)

 城郭の構造:梯郭連郭複合式平城
 築城の時期:15世紀、伝・赤井照光
 廃城の時期:明治7年(1874年)
 主な城主:赤井氏、榊原氏、松平氏、徳川氏ほか
 所在地:群馬県館林市城町
 訪問日:2017年7月28日

 

15世紀に築かれたとされます。戦国時代には越後の上杉氏や甲斐の武田氏、相模の北条氏による三つ巴の攻防のなかで長尾氏、北条氏が館林城を支配するようになりました。

天正18年(1590年)小田原の役では、忍城と同様に石田光成の攻撃を受け豊臣方に開城しました。徳川家康の関東入封にともない徳川四天王の一人榊原康政が10万石で城主となりました。

現在は土塁など一部の遺構を残り三ノ丸には土橋門が復元されています。跡地には市役所、文化会館などが建てられていました。

館林城の案内板
古い井戸
土橋門の案内板
土橋門に続く城壁
土橋門
千貫門跡の石碑

城沼のほとりはつつじが岡公園として50余種約1万株のツツジが植えられているところです。4月下旬から5月が見ごろで「館林つつじまつり」が行われているところです。

 小田原征伐(おだわらせいばつ)・小田原攻め(おだわらぜめ)北条征伐(ほうじょうせいばつ)

1590年豊臣秀吉が天下統一のため小田原の北条氏(後北条氏)を滅ぼした戦い。秀吉は兵農分離による組織化された軍事力と強力な物量作戦を展開し、関東の北条氏の支城を次々と落とし本城小田原城を3ヵ月余にわたり攻囲・降伏させた。

 

 徳川家康(とくがわいえやす)東照大権現(とうしょうだいごんげん)

1543~1616年、江戸幕府初代将軍。松平広忠の長男。織田信長と結んで駿河を、豊臣秀吉と和して関東を支配。豊臣秀吉の死後石田三成関ヶ原の戦いに破り、慶長8年(1603年)征夷大将軍となって江戸に幕府を開いた。武家諸法度などを定めて幕政の基礎を築いた。

 

 織田信長(おだのぶなが)

1534~1582年、戦国・安土桃山時代の武将。織田信秀の子。桶狭間に今川義元を討って尾張一国を統一。京都に上って比叡山を焼き、浅井氏・朝倉氏を破り、将軍足利義昭(あしかがよしあき)を追放、&link#Takedakatuyori&武田勝頼を三河の長篠に破った。中国出陣の途中、京都本能寺で&link#AketiMituhide&明智光秀の謀反にあった。

 

 豊臣秀吉(とよとみひでよし)

1536~1598年、安土桃山時代の武将。織田信長に仕え戦功をたて羽柴秀吉と名のった。信長の死後、&link#AketiMituhide&明智光秀・&link#SibataKatuie&柴田勝家を討ち、ついで四国・九州・関東・奥州を平定して天下を統一した。

天正13年(1585)関白、翌年太政大臣となり豊臣を賜姓。検地・刀狩りなどを行い兵農分離を促進した。明国征服を志して朝鮮に出兵したが戦局半ばで病没。茶の湯などの活動も盛んで桃山文化を開花させた。

 

 石田三成(いしだみつなり)

1560~1600年、安土桃山時代の武将。豊臣秀吉に重用され、五奉行の一人として太閤検地などに活躍。秀吉の死後、遺子&link#ToyotomiHideyori&秀頼を擁ようして徳川家康と対立、関ヶ原の戦いに敗れ京で斬首された。

 

 関ヶ原の戦

慶長5年(1600年)関ヶ原で石田三成らの西軍と徳川家康らの東軍とが天下を争った戦い。小早川秀秋の寝返りにより東軍が大勝した。石田三成らは処刑され&link#ToyotomiHideyori&豊臣秀頼は60万石の大名に転落した。これにより徳川氏の覇権が確立した。

 

 Back