topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 金慶山長福寺

 寺社の種類:真言宗豊山派のお寺
 創建の時期:-
 本尊:-
 所在地:東京都西多摩郡奥多摩町丹三郎233
 訪問日:2016年4月19日

 

丹三郎尾根の登山口に祀られた真言宗のお寺です。奥多摩新四国八十八ヶ所の第三十九番札所になっています。石段には赤い涎掛けを掛けた六地蔵が並んでいました。

石段に六地蔵
長福寺の本堂
境内に石仏
長福寺の本堂

奥多摩新四国八十八ヶ所は昭和9年、奥多摩から武蔵野一円の寺院と信仰家に呼びかけ始まったものと言います。一時は多くの巡拝者が霊場をめぐってていたと言いますが幾つかの札所が在家にあることなどもあり訪れる人は少ないようです。

関連記録・コース

 真言宗豊山派(しんごんしゅうふざんは)

真言宗の新義真言の一派。総本山は奈良桜井市の長谷寺。真言宗智山派と同じく覚鑁(かくばん)を開祖とする。織田信長のため根来寺を追われた専誉(せんよ)が一派を形成した。

 

 真言宗智山派(しんごんしゅうちざんは)

&link#Singonsyuu&真言宗の新義真言の一派。宗祖覚鑁(かくばん)は真言宗の教義に念仏を加味し、高野山の大伝法院にあって布教に努めた。その教勢が高野本山をしのいだため紛争を生じ1140年円明寺を開いて分立した。

 

 覚鑁(かくばん)・興教大師

平安後期の真言宗の僧(1095~1144年)高野山に大伝法院、密厳院などを建立し、金剛峰寺とともに座主を兼ねたが一山の反対にあい根来に移った。新義真言宗の開祖、伝法院流の祖。

 

 専誉(せんよ)

真言宗豊山派の祖。紀伊根来寺の玄誉(げんよ)、頼玄(らいげん)に師事。天正13年豊臣秀吉の根来攻めにあい高野山にのがれる。15年&link#ToyotomiHidenaga&豊臣秀長にまねかれ大和長谷寺にはいりった。

 

 Back