topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 白山神社

 寺社の種類:旧村社
 創建の時期:嘉祥3年 (850年)、円仁 (慈覚大師)が勧請と伝えられる
 社殿の様式:-
 所在地:岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関173
 訪問日:2015年4月30日

 

白山神社は中尊寺の鎮守として加賀一の宮より分霊して遷座した神社です。

白山神社の鳥居
白山神社の由緒書き
能楽堂の前に神門
能楽殿

境内の能楽殿は橋掛、楽屋などを完備した構成の近世能舞台遺構として平成15年(2003年)国の重要文化財に指定されました。春や秋の藤原まつりには能楽が奉納され8月の薪能では、喜多流の能と泉流の狂言が披露されると言います。

能楽殿
拝殿に茅の輪くぐり
拝殿の神額
境内の守護神社

 円仁(えんにん)慈覚大師(じかくだいし)

平安時代初期の僧。延暦寺第3世座主。天台宗山門派の祖。大同3年(808年)比叡山に登って最澄の弟子となる。838年遣唐使の船に乗って入唐する。死後、貞観8年 (866年)慈覚大師を追諡。

 

 伊弉諾尊・伊邪那岐命(いざなぎのみこと)

古事記に登場する神、伊弉冉尊(いざなみのみこと)とともに天つ神の命でおのころ島をつくって天降り、国生みと神生みを行った男神です。

黄泉国(よもつくに)の汚穢(けがれ)を禊(みそぎ)した際に、天照大神(あまてらすおおみかみ)、月読尊(つきよみのみこと)、素戔嗚尊(すさのおのみこと)などの神が生まれました。

 

 伊弉冉尊・伊邪那美命(いざなみのみこと)

古事記に登場する神で、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と結婚し、国生みと神生みを行った女神。火神を生んで死に黄泉国(よもつくに)を支配する黄泉大神となりました。

 

 最澄(さいちょう)・伝教大師

平安初期の僧。767~822年。&link#Tendaisyuu&天台宗の開祖。比叡山に入り根本中堂を建立。延暦23年(804年)&link#Kuukai&空海とともに入唐し翌年帰国した。

 

 伊弉冉尊・伊邪那美命(いざなみのみこと)

古事記に登場する神で、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と結婚し、国生みと神生みを行った女神。火神を生んで死に黄泉国(よもつくに)を支配する黄泉大神となりました。

 

 伊弉諾尊・伊邪那岐命(いざなぎのみこと)

古事記に登場する神、伊弉冉尊(いざなみのみこと)とともに天つ神の命でおのころ島をつくって天降り、国生みと神生みを行った男神です。

黄泉国(よもつくに)の汚穢(けがれ)を禊(みそぎ)した際に、天照大神(あまてらすおおみかみ)、月読尊(つきよみのみこと)、素戔嗚尊(すさのおのみこと)などの神が生まれました。

 

 Back