topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 鷹取神社

 寺社の種類:村社
 創建の時期:天正3年(826年)
 社殿の様式:-
 所在地:神奈川県中郡大磯町生沢1401
 訪問日:2014年12月19日

 

鷹取山の山頂近くに祀られた神社です。祭神は木花咲夜姫命 (このはなさくやひめのみこと)で、富士浅間社と同じ祭神であることから江戸中期から明治のはじめ頃までは鷹取浅間社と言われていたようです。

参道は社叢の森
県指定天然記念物の案内板
境内に釈迦如来の石祠
木立の中に拝殿
狛犬
狛犬
鷹取神社の拝殿
拝殿の内部
由緒書き
鷹取神社の社殿

参道にはタブの木やスタジイや神奈川県中部が北限とされているモクレイシなどが混生し、鷹取神社の社叢林として県の天然記念物に指定されています。

急な木の階段を登ると木立に覆われた境内です。その奥にコンクリート造りの拝殿が祀られていました。

その他のコース・山行記録

 木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)神阿多都比売命(かむあたつひめのみこと)、葦津姫命(かやつひめのみこと)

日本神話に登場する神様。古事記では瓊々杵命(ににぎのみこと)の妻となります。富士山の神とされ各地の浅間神社で祀られています。子育ての神、子安神としても篤く信仰されています。

 

 木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)神阿多都比売命(かむあたつひめのみこと)、葦津姫命(かやつひめのみこと)

日本神話に登場する神様。古事記では瓊々杵命(ににぎのみこと)の妻となります。富士山の神とされ各地の浅間神社で祀られています。子育ての神、子安神としても篤く信仰されています。

 

 邇邇芸命・瓊瓊杵尊・瓊々杵尊・彦火瓊瓊杵・火瓊瓊杵(にぎにぎのみこと)・天津彦彦火瓊瓊杵尊(あまつひこひこほのににぎのみこと)

日本神話に登場する神様。&link#Amaterasu&天照大神(あまてらすおおみかみ)の孫。天忍穂耳尊(あまのおしほみみのみこと)の子。天照大神の命で葦原の中つ国を統治するため、高天原から高千穂峰に天降ったとされる。木花開耶姫(このはなのさくやびめ)を妻とし、彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)を生んだ。

 

 邇邇芸命・瓊瓊杵尊・瓊々杵尊・彦火瓊瓊杵・火瓊瓊杵(にぎにぎのみこと)・天津彦彦火瓊瓊杵尊(あまつひこひこほのににぎのみこと)

日本神話に登場する神様。&link#Amaterasu&天照大神(あまてらすおおみかみ)の孫。天忍穂耳尊(あまのおしほみみのみこと)の子。天照大神の命で葦原の中つ国を統治するため、高天原から高千穂峰に天降ったとされる。木花開耶姫(このはなのさくやびめ)を妻とし、彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)を生んだ。

 

 Back