topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 栃窪神社

 寺社の種類:神社
 創建の時期:慶応年間(1865-1868年)
 社殿の様式:-
 所在地:神奈川県秦野市栃窪301
 訪問日:2013年12月24日

 

社殿によると慶長年間、御嶽神社として建立。明治5年、栃窪神社と改称され、栃窪地区の守護神として尊崇されると言います。

栃窪神社の鳥居
由緒書
境内の奥に神殿
神殿を守る狛犬
神殿を守る狛犬
神殿に栃窪神社の扁額
境内に石碑
境内に石碑

付近には小田原道が通っていました。小田原道(大山通行道)は小田原と蓑毛・大山とを結ぶ街道です。また近くには矢倉沢往還も通っていたことからこの付近は交通の要衝だったようです。

関連記録・コース

 日本武尊・倭建命(やまとたけるのみこと)

日本の古代史における伝承上の英雄。景行天皇の皇子です。気性が激しいため天皇に敬遠され、九州の熊襲(くまそ)や東国の蝦夷(えぞ)の討伐に遣わされたといわれています。風土記なども含めてさまざまな伝説が残っています。

 

 景行天皇(けいこうてんのう)、大足彦忍代別尊(おおたらしひこおしろわけのみこと)

第12代天皇(在位:71年7月11日~130年11月7日 )&link#Suijintennou&垂仁天皇の第三皇子。都は大和の纏向日代宮(まきむくのひしろのみや)。熊襲くまそを征討し、皇子の日本武尊(やまとたけるのみこと)を派遣して蝦夷を平定したという。

 

 Back