topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 秩父観音霊場9番 明星山明智寺

 寺社の種類:臨済宗南禅寺派の寺
 創建の時期:-
 所在地:埼玉県秩父郡横瀬町横瀬2160
 訪問日:2010年2月14日

 

西善寺からは明智寺に向かいます。西武秩父線の線路伝いに歩く道は三菱マテリアルの工場のわきを通り明智寺にたどり着きます。

この寺も山門などはなく境内に六角形のお堂が立っていました。

明智寺の本堂

このお寺は安産、子育て祈願の参拝者で賑わうところです。

 臨済宗南禅寺派(りんざいしゅうなんぜんじは)

日本仏教の一宗派。臨済宗一四派の一つです。1291年、無関普門により始まる。本山は京都の南禅寺

 

 如意輪観音(にょいりんかんのん)

六観音または七観音の一つで如意宝珠と法輪の力によって生きとし生けるものを救済するという。延寿、安産、除難の功徳があるとされている。普通は6臂の像で、座像は輪王座。右の第一手は必ず思惟(しゆい)手となるのが特徴。

 

 六観音(ろくかんのん)

六観音は六道輪廻の思想に基づき、六種の観音が六道に迷う衆生を救うという考えから生まれたもの。地獄道 - 聖観音、餓鬼道 - 千手観音、畜生道 - 馬頭観音、修羅道 - 十一面観音、人道 - 准胝観音、天道 - 如意輪観音とされる。天台系では准胝観音の代わりに不空羂索観音を加えて六観音とする。

 

 Back