topimg

あの頂を越えて

野山で出会った花

~花の詳細~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~花の詳細~

 マツムシソウ 

 名 前
マツムシソウ
 和 名
松虫草 
 科目名
マツムシソウ 
 属 名
マツムシソウ 
 分 布
北海道・本州・四国・九州 
 生育地
山地の草原 
 分 類
多年草 
 花 期
8~10月 
 花の色
淡赤色 
 高 さ
40~70cm 
 別 名
 
山地の草原に生える多年草。葉は羽状複葉で対生します。長い花柄の先端に大きな淡紫色の花を付けます。花はたくさんの花が集まった頭状花で、中心部の花は筒状、周辺の花は3つの裂片が大きく外側に伸びています。
マツムシソウの名前の由来は、マツムシの鳴く頃から咲く花と言います。
頭花は淡青紫で4cmほど、花びらに隙間が目立ように見える。草丈は40~90cmと高い。
マツムシソウに似た花
タカネマツムシソウ、マツムシソウ
 写真をクリックすると大きな写真を表示します。
 Back