topimg

あの頂を越えて

野山で出会った花

~花の詳細~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~花の詳細~

 マツヨイセンノウ 

 名 前
マツヨイセンノウ
 和 名
待宵仙翁 
 科目名
ナデシコ 
 属 名
マンテマ 
 分 布
北海道・本州 
 生育地
道端や荒れ地 
 分 類
多年草 
 花 期
8~9月 
 花の色
白色 
 高 さ
30~70cm 
 別 名
ヒロハノマンテマ 
マツヨイセンノウ
2013.07.13 大雪湖湖畔
ヨーロッパ原産帰化植物で明治時代に観賞用として栽培されたものが野生化しています。全体に毛が密生します。葉は披針形で対生します。茎上部の花序を出し白色の5弁花をまばらに付けます
花は白色の5弁花で花弁の先は2裂する。雌雄異株で雌花は萼筒がふくらむ。葉は対生し披針形。全体に毛が密生する。
マツヨイセンノウ
2013.07.13 大雪湖湖畔
マツヨイセンノウ
2013.07.13 大雪湖湖畔
マツヨイセンノウ:富良野周辺
2009.08.09 富良野周辺
マツヨイセンノウ:富良野周辺
2009.08.09 富良野周辺
マツヨイセンノウ:富良野周辺
2009.08.09 富良野周辺
 
 写真をクリックすると大きな写真を表示します。
 Back