topimg

あの頂を越えて

野山で出会った花

~花の詳細~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~花の詳細~

 ラショウモンカズラ 

 名 前
ラショウモンカズラ
 和 名
羅生門葛 
 科目名
シソ 
 属 名
ラショウモンカズラ 
 分 布
本州・四国・九州 
 生育地
山地のやや日当たりのよい林内 
 分 類
多年草 
 花 期
4~5月 
 花の色
紫色 
 高 さ
20~30cm 
 別 名
 
山地のやや日当たりのよい林内に生える多年草。葉は対生し、卵円形で先は鈍く尖り鈍鋸歯があります。茎の上部に青紫色の唇形花を付けます、下唇の中央裂片は大きく下に反り返り、濃紫色の斑点があり、先端には長い開出毛があります。
羅生門で切られた鬼の腕に見立てて名付けられたと言います。
葉は対生し卵円形で長い柄がある。紫色の大きな花を一方方向に偏って付ける。
ミソガワソウに似た花
ミソガワソウ、ラショウモンカズラ
 写真をクリックすると大きな写真を表示します。
 Back