topimg

あの頂を越えて

野山で出会った花

~花の詳細~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~花の詳細~

 ハッポウタカネセンブリ 

 名 前
ハッポウタカネセンブリ
Swertia tetrapetala Pall. subsp. micrantha (Takeda) Kitam. var. happoensis Hid.Takah. ex T.Shimizu
 和 名
八方高嶺千振 
 科目名
リンドウ Gentianaceae
 属 名
センブリ Swertia
 分 布
本州(八方尾根・遠見尾根) 
 生育地
高山の草地 
 分 類
 
 花 期
7~9月 
 花の色
淡青紫色 
 高 さ
10~40cm 
 別 名
 
タカネセンブリの変種で八方尾根などに特産します。
八方尾根の固有種。花は淡青紫色、花冠は萼片よりも長くまた花冠の裂片の幅も広いのが特徴。
 写真をクリックすると大きな写真を表示します。
 Back