topimg

あの頂を越えて

野山で出会った花

~花の詳細~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~花の詳細~

 ヤマラッキョウ 

 名 前
ヤマラッキョウ
Allium thunbergii G.Don
 和 名
山辣韮 
 科目名
ヒガンバナ Amaryllidaceae*
 
旧分類 ユリ 
 属 名
ネギ Allium
 分 布
本州(福島以南)・四国・九州 
 生育地
山地のやや湿潤な草原 
 分 類
多年草 
 花 期
9~10月 
 花の色
淡赤紫色 
 高 さ
30~50cm 
 別 名
 
山地のやや湿った草原に咲く多年草。食用のラッキョウに似ています。地下には球根があり、数枚の細い葉を出します。夏の終わりから秋にかけて花茎を出して淡赤紫色の花を咲かせます。
花には長い柄があり放射状に付くため疎らに見える、雄しべは花被片より長いのが特徴。
 写真をクリックすると大きな写真を表示します。
 Back