topimg

あの頂を越えて

野山で出会った花

~似た花の比較~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~似た花の比較~

 イチリンソウに似た花 

アズマイチゲ
分布:北海道・本州・四国・九州
生育:低地~山地の明るい林内
特徴:茎につく葉は3出複葉で3枚が輪生し先が垂れ下がる。白い花は萼片で8~13枚。
イチリンソウ
分布:本州(宮城以南)・四国・九州
生育:落葉広葉樹林や山麓の土手
特徴:葉は2回3出複葉、小葉は細かく裂ける。白い花を上向きに1輪付ける。
エゾイチゲ
分布:北海道
生育:山地から高山帯の林縁や草地
特徴:ヒメイチゲに似るが葉の幅が広い、花弁の枚数はヒメイチゲの5枚に対し5~7枚になる。
エゾノハクサンイチゲ
分布:北海道・本州(東北地方)
生育:高山の草地
特徴:本州に分布するハクサンイチゲとの相違は花の柄が短いことで見分けることができる。
キクザキイチゲ
分布:北海道・本州(近畿以北)
生育:低地~山地の明るい林内
特徴:葉は2回3出複葉、白または紫色の花は萼片で8~13枚。
セツブンソウ
分布:本州(関東以西)・四国
生育:山地の落葉樹林の林床
特徴:葉は細かく裂けた苞葉、茎の先の白い花は萼片で5枚
ニリンソウ
分布:北海道・本州・四国・九州
生育:平地~丘陵地の明るい林内
特徴:葉は深い切れ込みがあり3枚輪生、白色の花は萼片で通常6枚、花茎の先に2本付くのが特徴。
ハクサンイチゲ
分布:北海道・本州(中北部)
生育:高山のやや湿った草原
特徴:根際から出る葉は3出複葉で小葉は掌状に裂ける、白い花は萼片で5~7枚。
ヒメイチゲ
分布:北海道・本州(近畿以北)
生育:山地の林内・草原
特徴:葉は3出複葉で3個輪生する、小葉は線状披針形~披針形、白い花は萼片で5枚。
ミドリニリンソウ
分布:北海道・本州・四国・九州
生育:
特徴:ニリンソウの萼片が緑色のもの
ユキワリイチゲ
分布:本州(西部から九州)
生育:丘陵地帯の山際、道の側など
特徴:根生葉は3葉、表面に白い斑紋がある。
 Back