白山神社 


 寺社の種類:神社
 創建の時期:ー
 本殿の形式:ー
 境内社:-
 所在地:埼玉県秩父市別所1586
 訪問日:2024年4月10日

 

法泉寺の近くにある小さな神社です。現地の案内板によるとかつては白山権現として祀られていましたが、明治に入りますと観音堂から西南250mの小山の上に白山神社としてお祭りしていました。別所村村社として大祭日には神楽、獅子舞等の催し物もあったと伝えられています。平成30年に老朽化により法泉寺脇に移築遷座されたと言います。

桜の花の中に白山神社の鳥居
白山神社
白山神社の由緒書き
白山神社の社
社の内部
目の前は法泉寺

目の前は法泉寺の観音堂、納経所は白山神社の社務所と言います。

 菊理媛神、菊理媛命(くくりひめのみこと)白山比咩神(しらやまひめのかみ)

日本の神。加賀白山や全国の白山神社に祀られる白山明神、白山比咩神(しらやまひめ)とされている。

 

 伊弉諾尊・伊邪那岐命(いざなぎのみこと)

古事記に登場する神、伊弉冉尊(いざなみのみこと)とともに天つ神の命でおのころ島をつくって天降り、国生みと神生みを行った男神です。

黄泉国(よもつくに)の汚穢(けがれ)を禊(みそぎ)した際に、天照大神(あまてらすおおみかみ)、月読尊(つきよみのみこと)、素戔嗚尊(すさのおのみこと)などの神が生まれました。

 

 伊弉冉尊・伊邪那美命(いざなみのみこと)

古事記に登場する神で、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と結婚し、国生みと神生みを行った女神。火神を生んで死に黄泉国(よもつくに)を支配する黄泉大神となりました。

 

 伊弉冉尊・伊邪那美命(いざなみのみこと)

古事記に登場する神で、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と結婚し、国生みと神生みを行った女神。火神を生んで死に黄泉国(よもつくに)を支配する黄泉大神となりました。

 

 伊弉諾尊・伊邪那岐命(いざなぎのみこと)

古事記に登場する神、伊弉冉尊(いざなみのみこと)とともに天つ神の命でおのころ島をつくって天降り、国生みと神生みを行った男神です。

黄泉国(よもつくに)の汚穢(けがれ)を禊(みそぎ)した際に、天照大神(あまてらすおおみかみ)、月読尊(つきよみのみこと)、素戔嗚尊(すさのおのみこと)などの神が生まれました。

 

 訪問者数 今月:15件
 Back