梅沢山等覚院(藤巻寺) 


 寺社の種類:真言宗東寺派のお寺
 創建の時期:-
 本尊:不動明王
 札所: 相模新西国三十三観音霊場第1番、相模二十一薬師如来霊場第1番
 所在地:神奈川県中郡二宮町山西793
 訪問日:2023年5月5日

 

二宮町にある真言宗東寺派のお寺です。境内の白フジは樹齢は約400年、二宮町の天然記念物に指定されています。

等覚院の山門
本堂前に薬師如来の奉納旗
白フジは終わっています
本堂
薬師堂
薬師堂の内部
境内に六地蔵
鐘楼
境内のお地蔵さん

1660年頃、仁和寺の宮が関東に下向したとき、藤の花の美しさを愛でて藤巻寺の別号を与えたと伝えられています。

 

 不動明王(ふどうみょうおう)

五大明王・八大明王の主尊。悪魔を下し仏道に導きがたいものを畏怖せしめ、煩悩を打ちくだくと言います。

忿怒の姿で火焔の中にあり、右手に剣、左手に索縄を持ち、心の内外の悪魔をはらうとされています。

 

 訪問者数 今月:23件
 Back