大久保神社 


 寺社の種類:神社
 創建の時期:明治26年(1893年)
 御祭神:大久保忠世、大久保忠真
 本殿の形式:-
 所在地:神奈川県小田原市城山3丁目27-7
 訪問日:2023年3月27日

 

小田原市城山にある神社です。大久保忠世を祭神として小田原城天守台跡に創建しました。明治28年には県社に列格したと言います。

小田原城天守台跡が御用邸となったため、明治33年に当地に遷宮しました

大久保神社の石柱
現地の案内板
参道に由緒書き
御手水場
駒犬
参道に鳥居
拝殿
拝殿に神額
見下ろす参道

大久保忠世は徳川家康の家臣、長篠の戦で活躍し遠州二俣城主になりました。豊臣秀吉の小田原攻めにも参戦し、戦後は小田原城主になったと言います。天下のご意見番としても知られているのが大久保彦左衛門忠教は忠世の異母兄弟と言います。

2代忠隣の時代に大久保家は改易になります。その後、5代忠朝のとき11万3千石で小田原藩主に返り咲きました。11代忠真は大阪城代、京都所司代、老中など幕府要職を歴任し、藩政においては二宮尊徳を始め多くの人材を登用し忠臣孝子を顕彰するなど、大久保家中興の名君として知られています。

 訪問者数 今月:17件
 Back